第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』

健康Salad プロテオグリカン 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン

第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』(主催:日本製粉)が1月29日に開催され、京都薬科大学病態薬科学系臨床薬理学分野教授で、京都府立医科大学客員教授(循環器科・腎臓内科)医学博士 中田徹男教授による講演が行われました。中田教授の話によると、悩んでいる方も多い高血圧の対策として、とある食材に期待が向けられているとのこと。講演の内容の一部を紹介します。

第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』

●平均健康寿命と介護原因

平均健康寿命という言葉が最近言われるようになりました。寝たきりで長生きしてもあまり値打ちがない、と思われる方もいるのではないでしょうか。
心身ともに健康で活動的でいられるものが平均健康寿命です。具体的には「食事や入浴などの日常生活を自分で行うことができ、かつ、認知症にもなっていない」という状態を指し、今の平均健康寿命は

  • 男性で70.4歳/女性で73.6歳

です。これを単純に平均寿命男性80.2歳/女性86.6歳から引くと、
男性9.1年、女性12.7年は不健康な期間があるというのが、長生きの国、日本の現状です。

では、どのようなことが原因で不健康な期間、つまり介護等が必要な状態になるのでしょうか。

第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』

上図は介護が必要になった原因を国民生活調査のデータを元にグラフにしたものですが、18%が脳血管疾患、15%が認知症、14%が老衰、関節疾患、骨折・転倒と続きます。
介護の中には軽い要支援と要介護がありますので、分けて見てみると、「要支援」の中には関節疾患など、いわゆる老衰が多いのですが、介護を必要とする「要介護」の中では、4分の1が脳血管疾患、いわゆる脳卒中が原因と言われます。そして2割 が認知症。認知症も半分くらいは血管が関係する、ということを考えると脳の血管をいかに元気に保つかということが寝たきり予防につながります。

ただし、脳卒中は単独の疾患というよりは、よく知られている心筋梗塞や慢性腎臓病など、それぞれのリスクが複雑に関係しながら起こっているということが盛んに言われています。脳卒中を予防するには心筋梗塞、慢性腎臓病の原因それぞれも予防する必要があります。

●脳卒中や心筋梗塞がどうして起きるのか

正常な血管というのは、内皮細胞が分泌する一酸化窒素(NO)が、いわゆる動脈硬化病変を防いでくれています。ところがそれがだんだんと高血圧等に耐えきれなくなると、血管壁の中にジュクジュクとした悪玉コレステロール(LDL)がたまってきます。単にたまってくるだけだとどうということはないですが、タバコ等の影響で酸化ストレスがかかると、変性LDLになってしまいます。
この変性LDLを敵とみなして、体の中のマクロファージが血管の中に入り、ムシャムシャと食べてくれます。食べるだけで出て行ってくれるとよいのですが、マクロファージは食べておなかいっぱいでそこで死んでしまいます。この死骸の塊が、いわゆる動脈硬化なのです。
これが破れると、それを防ぐように血小板が固まって、これまで半分詰まっていたものが、一気に100%詰まる。脳卒中や心筋梗塞はこうやって起こるのです。

●メタボリックシンドロームと高血圧

予防のためにはご自身の状態を把握する必要があります。脳卒中や心筋梗塞などのいわゆる生活習慣病はメタボリックシンドロームかどうかでそのリスクがわかります。
メタボリックシンドロームの定義は、

  •  おへそ周りが男性85p以上、女性90p以上
  •  血圧が135/85mmHg以上
  •  中性脂肪が150mg/dLまたは善玉コレステロール値が40 mg/dL以下

第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』 これらのうちの2つあれば、メタボということになりますが、日本人の場合は、高血圧を基本とするメタボの人が多いのが現状です。

高血圧の定義は血圧が140/90mmHg以上かどうか。実は日本では、この140/90を超える人が約4300万人。つまり3人に1人が高血圧という、単一疾患としては一番多い疾患だと言われています。
30歳以上であれば、男性の6割、女性の約5割が高血圧ということです。また、日本人の特徴として、諸外国と比べて高血圧と脳卒中の関連性が非常に高いと言われています。

高血圧症の90〜95%は、原因は分かっていません。ただ、高血圧になる要因はいくつかあり、老化や塩分の摂り過ぎ、メタボ、ストレス、運動不足がありますが、実は遺伝的素因が見過ごせません。
両親とも高血圧の場合は、子は1/2の確率で高血圧になると言われています。片親の場合は1/3。逆に両親とも血圧が全く正常の場合は1/20です。

このように様々な要因によって引き起こされる高血圧ですが、これを予防することがメタボの予防、その先の心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病の予防、そして将来要介護になることを防ぎ、健康寿命を延ばすことに繋がるのです。

●高血圧対策として注目のアマニ

DASH食というものをご存知でしょうか?Dietary Approach to Stop Hypertensionの略で、1997年にアメリカで始まった高血圧を止めるための食事アプローチのことです。その食事療法が日本でも広まっています。
DASH食とは、色の濃い野菜と果物を食べて、お肉やバターなどに含まれる飽和脂肪分を減らし、魚の油またはそれに準じた油である不飽和脂肪酸を摂りましょう、という療法です。
DASH食の中で日本人に不足しているのは不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は大豆油やゴマ油に含まれるオメガ6と、青魚やアマニ油に含まれるオメガ3に分けられます。
では、どちらも沢山摂ればよいのかというとそうではありません。オメガ6は摂りすぎると、かえってアレルギーが増えたりする、ということが分かってきました。
それは、オメガ6が花粉症の時に炎症を伝える役割を担っているため、摂りすぎると炎症物質がたくさん増えてしまうことが原因と考えられているためです。
逆に、オメガ3は炎症性のプロスタグランディンやロイコトリエンという、花粉症やぜんそくの時に増える途中の産物を抑えてくれる働きがありますので、むしろオメガ3を今以上に摂ったほうがよいと言われています。

第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』 では、オメガ3を含む青魚を沢山食べましょう、といってもなかなか毎日イワシなどを食べるのは難しいかと思います。そこで注目されているのが“アマニ”です。アマニとは「亜麻」という植物の花の種子で、外見や味はゴマに似ています。このアマニの粒そのものや、油分を抽出したアマニ油が青魚に代わるオメガ3として注目されています。

粒を粉末にしたものには粒の殻も含まれ、その中にはリグナンというポリフェノールの一種が含まれていています。抗酸化作用があるとして有名なポリフェノールには血圧を下げるという作用も期待できます。
さらに、リグナンはエストロゲンに転換されて、女性の更年期障害の治療をしているような効果が得られるのではないか、と言われています。
実際にアマニ油で調べたところ、血圧を明らかに下げるという効果がギリシャで報告されています。また、昨年には食餌療法の中で最も血圧を下げたとしてアマニが発表されていました。(「Hypertension」に掲載あり)

このようにアマニが青魚のオイルに代わるものとして期待されています。最近は毎日必要な栄養を摂るのが大変とサプリメントを利用する方が多いようですが、アマニであれば食事の一環として摂取ができます。また、ポリフェノールの働きや女性のエストロゲン様の働きを持つリグナンも体に非常に良い働きをして、減塩しているのと同じ働きをする、ということです。

アマニという食品の栄養成分が現代人の健康維持に必要不可欠な栄養素であるようです。
また今からすぐにできる生活習慣病予防法として食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

<日本製粉のアマニ商品>
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』

<アマニロースト粒>
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』

アマニに関する詳しい情報は、日本製粉ホームページ http://www.nippn.co.jp
ご覧ください。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」