ハンバーグの良い点・悪い点

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
ハンバーグ

ハンバーグのマル
ハンバーグ ハンバーグって、ホントに子どもから大人まで、男女を問わず、みんなに愛されていますよね。ハンバーグが嫌いっていう人に、これまで会ったことないですもの。

ハンバーグの合挽き肉って、普通牛のすね肉と豚もも肉ですよね。なんと牛のすね肉には、お肌にいい、あの「コラーゲン」が、サーロインよりもたくさん入っているの知っていましたか。これで、もうマルでしょ。

また「ビタミンB1」がいっぱい含まれている豚肉と、牛のすね肉を一緒に食べるとカラダの中に溜まってしまった老廃物を外に出してくれるんですよ。その上、豚肉のビタミンB1とタマネギの「アリシン」が合わさって、カラダの中に入ると「アリチアミン」という物質に変化して、疲労を回復してくれるんです。

ハンバーグは、和風、洋風、中華とソースによって、いろいろな味が楽しめるから、何度でも食べたくなるのかもしれません。とにかく、ハンバーグって、おいしいだけじゃなく、こんなにいろいろとカラダにいいことがあるんです。 三重マルでもあげたくなりますね。


ハンバーグのバツ
みんな大好きのハンバーグですが、やはり×のところもあるんです。これは、ぜひ知っていただきたいので、ココロを鬼にしてお伝えします。

×その1は、カロリーです。
特に、ひき肉は脂肪分が多く含まれているので、カロリーが高くなってしまいます。
そして、なぜかよく付け合せになっているポテトフライ。これもカロリーが高いんですね。おいしいからといって、週に何回もハンバーグっていうのは、管理栄養士のワタクシとしては、お薦めできません。

×その2は、柔らかいこと。
柔らかい、つまり食べやすいってことなんですけど、柔らかいと噛む回数が減ってしまいます。
そうすると、ついつい早食いになって、食べ過ぎたりすることが多いんですよね。噛むことで、消化液も分泌されるので、噛む回数を減らさないように食べてくださいね。
その上、噛むことは記憶力を高める働きもあるんです。
ハンバーグの×を知っておいしく食べていただけば、×も消えてしまいますから。


管理栄養士・野苅家敦子のワンポイントアドバイス
おウチでハンバーグを作るときは、噛む回数を増やすために、ハンバーグの中にひじきやキノコを入れてみたら、どうでしょう。
キノコ類や海藻類を付け合せにしてみるのもいいですよ。

キーワードで探す
What's New
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」 FRESH!
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。 FRESH!
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」 FRESH!
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」