乾物で貧血を予防

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
1月は、乾物で「貧血」を予防!
知恵を盛り込んだおせち料理

■衣食同源の「おせち料理」

おせち料理 おせち料理は、栄養学の見地からみても、非の打ちどころのない完璧なバランスを誇る料理です。おせちは「米、昆、果」を中心に作られていて、「米」は里のものをあらわし、「昆」は海のもの、「果」は山のものをあらわします。

疲労回復、強壮、美容、不老、健脳など、薬の効能もあり、おせちはまさに日本の知恵の粋をあつめた料理といわれる由縁です。


■縁起もの・黒豆

「豆」は、豆に働くという意味と、「世の中変化が激しいので、しっかり目をあけ、みすえて、その変化にうまく順応していかなければならない」という思いから、一年中頭を働かせて丈夫で働けるように、という願いが込められているそうです。

黒豆の脂肪には、レシチンやリノール酸が多く、血液をサラサラにしてくれるほか、若返りビタミンEの働きで美肌効果にも役立っています。さらに集中力や記憶力を高め、脳機能の向上などに効果があり、また、常用すると血行がよくなり、体力がつき、肝臓や腎臓が丈夫になります。


■縁起もの・するめ
するめを「寿留女」と当て字をするのは、江戸時代からだそうです。かつて、するめはあわびと同じように、酒の肴としてとても貴重なものでした。
おせち料理では、夫婦円満になぞらえています。「夫婦喧嘩は、するんめい」とシャレたのです。
イカに含まれるタウリンは血中のコレステロール値を下げるはたらきがあり、動脈硬化などに効き目があります。また神経の伝達物質としての働きがあるので、脳や神経細胞の活動を助けます。

■縁起もの・れんこん
れんこんは多くの孔をもち、このことから「先の見通しがよくなる」といって幸運を祈りました。
れんこんは繊維質が多く、コレステロールを下げる働きがあり、またムチンには胃腸の働きを高める効果があります。

■縁起もの・紅白なます

お正月には欠かせない、紅白なますは「平和」、「平安」を象徴しています。おせち料理には珍しく生ものですが、酢であえることによって、大根のビタミンCは安定し、にんじんのビタミンAとたっぷりの栄養価がえられるよう考えられています。昔から、冬の抵抗力をつけるための大切な調理法でした。

干し柿を細かく切って入れると「柿なます」、塩鮭の頭の軟骨を塩抜きして加えると「氷頭なます」となります。また、紅白なますには、お正月の間の食べすぎ予防と胃腸の調子を整える働きがあります。まさに先人の知恵の食文化の現れです。


旬素材TOPレシピ乾物って?|コラム|
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」