子供 食事のマナー

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
子どもの食事 学童期の食事のマナー

学童期の食事のマナー 楽しくおいしく食事をするためには、食事のマナーを身につけることがとてもたいせつです。食事は、人間が毎日おこなう行為であり、そのくり返しによって食習慣ができあがっていきます。食べ方を見ればその人の人柄がわかるともいわれますので、基本的な食事のマナーについては、小さい頃からぜひ身につけさせたいものです。ただし、じょうずにできないからといって食事中に叱ってばかりでは、食事の時間が子どもにとって嫌なものになってしまいます。食べる楽しみを親子で分かちあいながら、そのなかでマナーを少しずつ教えていってあげましょう。また、食を通して、マナーを教えたり、しつけをしたり、食文化を伝えたりと、子どもに教えてあげられることはたくさんあります。食卓を親子のコミュニケーションにぜひ活用してください。

 まずは、食事の習慣を見直してみましょう。

■家族そろって食事をしていますか?
最近、朝食や夕食を子どもだけで食べる「個食」が増えてきています。子どもだけで食事をする機会が多いと、栄養の偏りが心配されるとともに、食事のマナーが乱れがちになります。1日に1回だけでも、できるかぎり家族が顔をそろえて、食事をするようにしましょう。マナーのお手本は、お父さんとお母さんです。お父さんやお母さんが正しい食べ方をしていれば、子どもはそれをまねして、自然にできるようになります。子どもは親の言うことはきかなくても、親のすることはまねするものですよ。

■ながら食べをしていませんか?
家族がそろって食事をしていても、テレビを見ながらの食事では手元がお留守になってしまいます。子どもたちの場合、テレビが気になって、途中で食事の手が止まってしまうこともあるでしょう。食事中は、テレビを消すようにしてみてはいかがですか。見たい番組があるときはビデオに録画するなどして、食事中は食卓に集中できる環境を整えましょう。食事の時間は、家族がコミュニケーションを図るのに最適な時間です。「ながら食べ」を控えて、ぜひ家族の会話をにぎやかにかわしてください。


 食事のときのあいさつと姿勢

■「いただきます」と「ごちそうさま」
食卓の準備がととのったら、「いただきます」のあいさつで食べ始めます。「いただきます」と「ごちそうさま」。食事のときのあいさつには、牛や豚、魚などほかの動物の命をいただくことへの感謝と、食物を精魂こめてつくってくれた人への感謝の気持ちがあらわされています。なぜ「いただきます」や「ごちそうさま」を言うのか。食事のあいさつの意味を一度きちんとお話して、その意味を理解したうえであいさつができるようになるといいですね。

■食事は背筋を伸ばした姿勢で
食事は、背筋をまっすぐに伸ばした姿勢でするようにしましょう。猫背になっていたり、ほおづえをついていたり、食事中の姿勢が気になるときは、親が悪い姿勢のまねをして見せてあげてください。それがいかに見た目の悪いものであるか、よい姿勢とくらべて見せるといいでしょう。また、背筋を伸ばした姿勢で食事をすると、見た目に美しいだけでなく、食べ物の消化もよくなります。食卓のテーブルの高さや、テーブルとイスの高さのバランスが、子どもの体格にあっていないために姿勢が悪くなってしまうこともありますので、よい姿勢がとりにくいときは、一度確かめてあげてください。


 食事のマナーはくり返して教えましょう

■マナーの基本は、まわりの人を不快にさせないこと
性格はよいけれど食事のマナーの悪さに幻滅した、という経験がある親御さんも多いのではないでしょうか。食卓にひじをついて食べる、お茶碗を食卓に置いたまま食べる、音をたてて食べるなど。本人に悪気はなくても、このような食事のしかたは、その場の雰囲気を悪くしてしまいます。食事のしかたは、毎日のくり返しによって一生の習慣になっていくものであり、一度習慣になったものはなかなか治すことができません。将来、お子さんが恥をかかないように、小さい頃から正しい食事のマナーをくり返し教えていくことがたいせつです。また、最近「他人に迷惑はかけていない」といって、傍若無人な態度をとる若者が増えています。他人に直接被害を与えていなくても、不快な思いをさせている時点で、すでにマナー違反なのだということも、食事のしつけを通してぜひ教えたいものです。

■食事の途中で立ち歩かない
食事中は立ち歩かないのが食事のマナーの基本です。「いただきます」で食事が始まったら、食べ終わって「ごちそうさま」のあいさつをするまでは、立ち歩かない約束を家庭でも守らせるようにしたいもの。低学年のうちは、食事中にトイレに行きたくなることもあるかもしれませんが、トイレは食事の前にすませておくようにして、少しずつ最後まで座っていられるようにしていきましょう。

■ペチャペチャ音をたてて食べない
ペチャペチャ音をたてて食べることは、食事のマナーにおいて、まわりの人からいちばん嫌がられることではないでしょうか。しかし、本人はそのような音に気づいていないこともよくあります。口を開けたまま食べ物をかむと音がしますので、食べ物をかむときは、しっかり口を閉じるように気をつけさせましょう。また、食べ物を口に入れたまま話をする子どもも多いものです。食べ物を飲み込んで、口の中がからっぽの状態になってから話をするように、注意してあげてください。


 日本人の基本食「和食」のマナー

■おはしの使い方
和食の作法は、はしに始まり、はしに終わるといわれるほど、おはしの使い方はたいせつです。おはしの使い方は、親指と薬指で下側のはしを支えて、人差し指と中指で上側のはしを動かすのが原則。きちんと4本の指を使っておはしを動かしているかどうか、ときどきチェックしてみてください。おはしの使い方は、幼児期のうちにマスターしておきたいものですが、まだじょうずにできていない場合には、おはしで豆をつかむゲームなどを取り入れて、練習してみてはいかがでしょう。小皿に大豆などの豆を入れて、空いたお皿に移すゲームですが、おはしがきちんと使えていないと、なかなか大豆をつまむことができません。子どもが遊びながらできるゲームをじょうずに利用して、おはしの練習をしてみてください。

■やってはいけない、はし使いのタブー
おはしの使い方にはルールがあり、やってはいけない使い方があります。たとえ小学生といえども、次のようなはし使いをしては無作法です。低学年のお子さんには、少し難しいものもあるかもしれませんが、年齢に応じて教えてあげてください。正しいはし使いは、その人自身も美しく見せてくれるものですよ。

刺し箸 料理をはしではさまずに、突き刺して取ること
探り箸 食器の中をかきまわして、はしで中身を探ること
迷い箸 どの料理にしようか迷って、はしを料理の上で行ったり来たりさせること
寄せ箸 はしを使って食器を引き寄せたり、押したりすること
涙箸 はしの先から汁をポタポタ落とすこと
ねぶり箸 はしについたものを口でなめること
かき箸 食器のふちに口を当てて、はしで料理をかき込むこと
握り箸 はしを握ったまま手で食器を持つこと
箸渡し はしではさみあげた料理を、はしからはしへ受け渡すこと

 食文化の豊かさにふれる機会を

食文化の豊かさにふれる機会を ■そろそろ洋食のマナーに挑戦
外食する機会も増えているので、ナイフやフォークになれている子どもも多いことでしょう。でも、気をつけないと、自己流の使い方をしていることが少なくありません。3〜4年生くらいになったら、ナイフとフォークの正しい使い方を教えてあげましょう。結婚式などに出席する機会があれば、絶好のチャンスです。ナイフやフォークがたくさん並んでいるときの使い方など、テーブルマナーの基本についても、ぜひ教えてあげてください。

■さまざまな食器にもふれてみましょう
和食には、さまざまな素材や形の食器が使われます。少しずつ本格的な食器にふれる機会を増やしていきましょう。陶器のお皿、うるし塗りのお椀、ガラス製の小鉢。食器の素材・形・色によって、料理を盛り付けたときの見栄えは格段に違うもの。器の美しさが、料理の魅力をいっそう引き立てます。ていねいに扱わないと壊れたり傷んだりしてしまうものばかりですが、食文化の奥の深さを感じさせると同時に、物をたいせつに扱う心も育てていきましょう。

■各国レストランでちょこっと異国体験
日本には世界中の食が集まっているといわれるように、実にたくさんの国のレストランがあります。外食の際に、(もしお近くにある時には)世界各国のいろんなレストランに、連れていってあげてはいかがでしょう。子どもたちの大好きなカレーも、インド料理店ではお母さんお手製のものとは違い、サラサラとしていて緑色や白い色のルーもあり、驚きと新しい発見が。各国のレストランでは、本場のシェフやスタッフが働いていることも多く、店内もそれぞれの国独特の装飾がこらされています。イタリアンレストランでは「ボンジョルノー」と陽気に迎え入れてくれたり、韓国料理店では韓国のヒットソングが流れていたりと、子どもたちにとっては、異国情緒が味わえるちょっとしたテーマパーク。身近な食を通して、いろんな国の文化を、知るきっかけにしてみるのもよいのではないでしょうか。ただしまだお子さんには香辛料が強かったりするケースもありますので、お子さんが行っても何か食べられるものがあるところをまずは選ぶようにしましょう。

キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」