噛んで、脳を育てる

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
子どもの食事 噛むことが、脳を育てます

噛むことが、脳を育てます人間は噛むことで、脳を発達させてきました。脳が発達することで、言葉が生まれ、文化が生まれてきたのです。つまり、噛むという行為が、人間を進化させてきたということなのですね。

子どもたちの脳の神経は、10歳くらいまでに作られます。脳神経の発達を促すためには、脳がさまざまな刺激を受けることが大切です。カラダを動かす、いろいろなものを見る、聞く、味わう、臭いを嗅ぐ。この中でも、食事をして味わうこと、そして噛むという行為をすることで脳は発達していきます。噛むことによって脳の血流量が増加し、大脳が刺激され、それにより大脳皮質が発達して大きくなるのではないかと言われています。

また、噛むことで、歯ざわり、歯ごたえなど、触覚にも影響を与えるのです。さらに、噛むことは、脳を発達させるだけでなく、頭やあごの骨、顔の筋肉を発達させ、豊かな表情を作ることにもなります。

3歳になれば、上下の歯もしっかりと噛みあうようになり、噛む力も出てきます。この頃に大人と同じ食事でも食べることができるようになります。噛むことで、食事がよりおいしく食べられる、歯や歯茎が発達する、言葉の能力が向上するなど、良いことばかりです。

また、噛むことで唾液が出てきます。この唾液にも良いことがたくさんあります。唾液が出ると、食べ物を飲み込みやすくしてくれますし、食べ物の味わいを高めてくれます。また、唾液が様々なホルモンの分泌をうながし、皮フや歯、胃や腸、血管などの細胞を増やしたり、神経の成長を助けてくれたりします。この他にも、細菌を抑えてくれたり、細菌に抵抗してくれたりもします。

子どものカラダを作るには、とにかく栄養を摂らなければいけないのですが、噛まずに丸飲みしてしまうと、タンパク質などはほとんど吸収されません。お肉を丸飲みしてしまうと、カドが丸くなるくらいで、ほとんどそのまま出てきてしまいます。何を食べさせても、噛まなければ、そのままカラダを通過しているのと同じことなのです。

食べ物を自分の血や肉にするのには、どうしても噛むということが必要になります。また、噛まないと食べ過ぎてしまうことになって、肥満の原因ともなります。

このように噛むことの大切さがおわかりいただけたら、とりわけこの時期のお子さんには意識的に噛んで食べる食事を作ってあげてください。


 お魚を使ったこんなレシピは、いかがでしょうか。

いわしのすり身の団子のスープ
小エビのからあげ
白魚のてんぷら
エビを殻のまま茹でて、すり鉢ですりつぶし、ふりかけを作ってあげる

小魚をそのまま上手にお料理してあげれば、子どもたちも珍しがって食べてくれますよ。お魚やエビは、まるごと食べることで、良質のタンパク質を摂取できますし、カルシウムはお魚の骨から摂ることができます。魚の骨は、人間の骨と同じバランスで、リンとカルシウムが含まれています。カルシウムは、人間のカラダの中では作ることができません。食事で摂ることで、骨や歯を丈夫にすることができるのです。


 お野菜を使ったこんなレシピは、いかがでしょうか。

小キャベツや小たまねぎをまるごとお団子のようにそのままコンソメで煮て、そこに、ニンジンを星型にしたものを入れ、さらに煮んでみましょう。こうすれば、野菜もまるごと噛んで食べてもらえます。

野菜スティックも、まるでポッキーをかじっているみたいにポキポキかじって食べてもらえるので、あごを動かす訓練にもなります。残ったらお父さんのお酒のつまみにも使えます。

噛むことは、子どもの成長にとって、とても大事なこと。ここで、もう一度まとめてみましょう。

噛むことは…
脳に刺激を与えて働きを活発にしてくれます。 虫歯を予防してくれます。
歯並びを良くしてくれます。 食べ物の消化を助けてくれます。
栄養の吸収を良くしてくれます。 情緒を安定してくれます。
表情が生き生きとしてきます。 姿勢が正しくなってきます。
肥満を防止してくれます。

しっかり噛んで食べる食事を作ってあげたら、「よく噛もうね」と声をかけてください。そして、よく噛んで食べたら、褒めてあげましょう。噛むことで、脳が発達していき、丈夫なカラダが作られていきます。

どんなに噛んでも、噛みすぎることはありません。ゆっくりと時間をかけて、しっかり噛んで食べる習慣を身につけさせるようにしてください。それがお子さんの健康の秘訣です。

キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」