メガネを作ろう

メガネの写真
メガネまるわかり

 

 

健康Salad

目の仕組み メガネを作ろう フレームの選び方
似合うメガネの選び方 レンズ 扱い方 まめ知識

 

   

 

 

 

作る際のおおまかな流れ

どのお店で買うか

眼鏡士と眼科医師

見落としがちなチェックポイント

 

ここでは実際に作る際の流れや注意点を見ていきましょう。

1.作る際のおおまかな流れ

メガネを作る流れ

メガネの値段に要注意!!

2.どのお店で買うか

広告などに出ているメガネの値段は、お買い得感を感じるような値段設定になっていることがほとんどです。

しかし、それらの多くは、一番度数が軽く、安い素材のレンズを使ったときの値段設定になっています。また、度数が高かったり、近視や遠視だけでなく乱視も入っていたりするとそれだけで値段が変わり、その上、傷防止加工や反射防止加工などのコーティングを施すと、その値段も加算になることが多いです。
ですので、うわべの値段だけに騙されず、含まれている料金内容もきちんと確認したうえで総合的に判断しましょう。

アフターサービスについても、お店により対応がさまざまです。
例えば、簡単な部品交換しか応じないお店もあれば、半年以内であればレンズが合わない場合交換可能というサービスを提供しているお店もあります。

メガネ購入時の条件は人それぞれだと思いますが、アフターサービスまで考えてお店を選んだ方がよいでしょう。

 

3.眼鏡士と眼科医師

眼科医師

メガネ・コンタクトとの適応決定
医療行為

皆さんがメガネを作る場合は、眼科医抜きでメガネ屋さんの眼鏡士の監修のもとにつくることが多いと思います。

ただ、忘れてはいけないのは、眼鏡士は眼科医ではないという事です。

眼科医は国家資格を持っているため、メガネやコンタクトとの適応決定や、目の病気についての診断や、計測した結果から近視眼等と説明したり保健指導したりする等の医療行為を行えます。
しかし、 業界団体資格でしかない眼鏡士が同様の行為を行うと無資格診療行為にあたってしまいます。

単にメガネを作りたいだけなのか、目の病気等を診てもらう診察行為も同時に受けたいのかなど、ご自身の考えや希望をふまえたうえで、メガネ屋さんで製作するか眼科医に診断してもらってから製作するかを決めたほうがよいでしょう。

眼鏡士

メガネ屋にある設備で視力を測りメガネを製作。

医療機関で処方箋も貰ってきた場合は処方箋に基づいたメガネを製作。

医療行為はできない。

4.見落としがちな6つのチェックポイント

1.良く見えるか。

2.眼鏡のフレームが変形していないか。

3.(眼科で)正しく検眼されたメガネか。

4.レンズ中心が視線と合っているか。
これがずれると、度数が変化したり、
プリズム効果により物が見える角度が変化してしまいます。

5.皮膚に傷をつけてしまったり、装用感が不良でないか。
当たり具合が調整されていないのが原因で、鼻や耳へのあたり具合が不適切だったり、レンズの光学的な中心位置と瞳の中心との位置関係が変わっているためです。

6.レンズに汚れや傷がついていないか。
煩雑に扱うとレンズの構造上、光学的中心位置の近くに擦り傷がつきやすく注意が必要です。詳しくはメガネの扱い方を参照してください。


アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」