の仕組み 見えるってどういうこと?

メガネの写真
メガネまるわかり

 

 

健康Salad

目の仕組み メガネを作ろう フレームの選び方
似合うメガネの選び方 レンズ 扱い方 まめ知識

 

 

 

見えるってどういう事?

正視眼ってどんな状態?

近視眼ってどんな状態?

遠視眼ってどんな状態?

老眼ってどんな状態?

乱視ってどんな状態?

 
 

 

このページでは目の仕組みについてみていきましょう。

1.見えるってどういうこと?

目の構造

私たちが事象(ものごと)を理解する際には、視覚が大活躍します。
では、モノを認識する=見えるとはどういう状態なんでしょうか。
『見える』とは光が正しく網膜まで届き、それが脳まで伝達され、正しく認知されることです。具体的にはちょっと難しい話になりますが、眼に光が入り、角膜、前房、水晶体、硝子体を、それぞれの境界面で屈折しながら通過し、網膜で結像し、そして視神経を通り脳に伝達されるというメカニズムになっています。このメカニズムが一部でも歪んだり、うまく機能しなくなると、正しく認知されなくなったり、認知自体できなくなったりします。

2.正視眼ってどんな状態?

正視眼

【遠くを見るとき】
ほぼ平行光になって眼に届きますが正しく網膜で焦点が合います。

【近くを見るとき】
拡散光になって眼に届きますが、眼は水晶体をふくらませる(緊張させる)ことで屈折力を増して正しく網膜で焦点が合います。

3.近視眼ってどんな状態?

近視眼

近視眼の場合、近くの見過ぎや遺伝的要因により、緊張状態が解消できなくなることで、水晶体の屈折力が増してしまったり、眼軸(眼の奥行き)が長くなってしまいます。

【近くを見るとき】
良く見えます。

【遠くを見るとき】
網膜の前側で焦点が合うためボヤけて見えます。

【矯正】
光を拡散させる作用のある凹レンズのメガネを使用します。

4.遠視眼ってどんな状態?

遠視眼

遠視眼の場合、遠くのものを見るときは良く見えていますが、実は網膜の後側で焦点が合うため水晶体を緊張させて焦点を合わせるようにしています。
そして、 近くのものを見るときはよりいっそう緊張させて焦点を合わせるため眼精疲労になりやすいのです。ここから症状が悪化すると、よりいっそう遠く以外は、近くも遠くも見えづらくなってしまいます。

【近くを見るとき】
見えますがとても眼が疲れます。

【遠くを見るとき】
よく見えます。

【矯正】
光を収束させる作用のある凸レンズのメガネ等を使うことで眼の疲れを軽減します。

5.老眼ってどんな状態?

老眼

人は、加齢とともに水晶体を調節する力は衰えてきます。
そうすると、水晶体を緊張させて焦点を合わせづらくなり、近くが見えづらくなって、遠視と同じような症状になります。また、しばしば「遠視の人は老視になりやすい」と言われますが、その理由として以下のことが考えられます。
普通、日常生活を送っている際には遠くよりも近くを見ることの方が圧倒的に多くなります。そのため、近くを見るときに水晶体をより緊張させている遠視の人は、水晶体調整力の減退が早いのです。ただ、もちろん遠視眼だけではなく、正視眼、近視眼の人も老眼にはなりえます。

【近くを見るとき】
ぼやけて見えます。

【遠くを見るとき】
もともとの眼の状態しだいです。

【矯正】
光を収束させる作用のある凸レンズのメガネ等を使うのが基本となります。
ただし、近視眼の人の場合は、近眼用メガネと老眼用メガネの両方が必要なので、上下で用途が変わるレンズを使ったりします。
その場合は、上部にはもともとの眼に合ったもの(強度の近視眼なら凹レンズ)、下部には老眼用の機能をもったもの(強度の近視眼なら弱い凹レンズ)という組み合わせになります。

6.乱視ってどんな状態?

乱視

目にはさまざまな角度から光が入ってきますが、角膜や水晶体が歪んでいると個々の光の結像する地点が異なってしまい、モノがぼやけたり、にじんだりして見えます。
乱視には、角膜などのカーブに規則性のある強い屈折と弱い屈折からなる正乱視と、 角膜の表面が凹凸になっている不正乱視があります。
ただ、ぼやけたり、にじんだりして見えるのは、乱視のせいではなく眼病などが原因の場合もあるため、そういった症状の際にはまず医師の判断を仰いだほうがよいでしょう。


アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」