メガネの扱い方

メガネの写真
メガネまるわかり

 

 

健康Salad

目の仕組み メガネを作ろう フレームの選び方
似合うメガネの選び方 レンズ 扱い方 まめ知識

 

   

 

 

メガネのはずし方

メガネを置く場合

メガネのお手入れ方法

意外な落とし穴

かけ心地が悪くなったら

 

せっかく大切なお金を出して買ったメガネですから、長持ちさせたいものですね。
正しい取り扱い方やお手入れをしているのといないのではメガネの寿命もずいぶんと変ってしまうものです。正しい知識でメガネを長持ちさせてあげてください。

1.メガネのかけ方

フレームのツルを両手で持ち、静かにこめかみから顔に合わせて差し込み、耳にしっかりと掛けます。
顔に差し込んだだけで耳にしっかり掛かっていないと、ずり落ちる原因になります。それでもずり落ちてきたり、耳が痛くなる場合は調整の必要があります。

2.メガネのはずし方

外す場合もきちんと両手でツルの部分を持ち、少し持ち上げるようにして耳から外し、そのまま真っ直ぐ前に引き出します。片手ではずすとメガネフレームの片側にばかり負担がかかるようになり、広がってしまうばかりでなく、故障の原因にもなるので注意しましょう。

3.メガネを置く場合

外したメガネはきちんとケースにしまいましょう。また、ちょっと外して置いておく場合でも、メガネの上に誤って腰掛けてしまわないよう、椅子などの上ではなくテーブルの上など腰より高い位置に、レンズに傷がつかないように上向きもしくは、側面に向けて置きます。

 

4.メガネのお手入れ方法

汗や整髪料、化粧品などが原因で、劣化や変色、変質を引き起こす可能性があるため、その日の汚れはその日のうちに落とすようにしましょう。
ちょっとした汚れの場合、乾拭きで済ませていると思います。しかし、レンズの表面につく細かいすり傷のほとんどは、実はこの乾拭きの時についています。柔らかい布で汚れを拭き落とすのはケアの基本ですが、細かいホコリやチリがついたままで拭いてしまうと、そのホコリなどをレンズにこすりつけることになり、細かい傷をつけてしまうことになります。今後は流水などで汚れを洗い流した上で拭くようにしましょう。
ちなみに水滴がレンズ面に残っていると乾いた時に跡が残ってしまいますので、すみやかに水気をふき取ることが重要です。レンズを拭く時はブリッジやウデ(テンプル)の部分を持って拭くのではなく、レンズのフレームを持って拭き、仕上げにフレーム全体を拭きます。耳や鼻にあたる部分も忘れずに拭くようにしましょう。
しつこい汚れの場合は、中性洗剤を原液ではなく薄めた液でよく洗い、水ですすぎます。お湯を使うとフレームやレンズを痛めます。また、鼻あての部分の汚れは歯ブラシを使うとうまく落とせます。

 

5.意外な落とし穴

−1− 超音波クリーニング 

超音波クリーニングサービスを店頭で行っているところもありますが、メガネ素材を劣化させる洗浄剤を使っていたり、すすぎが不十分なまま拭き始めてしまったり、超音波そのものが材質を変化させる場合(特にセルフレーム)もあるので、自分でクリーニングするか信頼できる店に任せたほうが安心です。

−2− 温度 

最近、風呂場のカビとり材などで「目の保護のため、メガネを使用してください」等の注意書きを見かけますが、これらの液がレンズに付いた場合、コーティングを損傷させることがあるため、不要になったメガネを使用した方がよいでしょう。

−3− カビとり材 

サウナ風呂や車のダッシュボードの上など、高温の続く場所に放置すると、フレームが変形・劣化したり、プラスティックのレンズにクラック(細かいひび割れ)が入ってしまいます。当然、急激な温度差も大敵です。

6.かけ心地が悪くなったら

どれだけ大切に扱っていても、毎日使っていればどうしてもフレームは広がってきます。かけ心地がしっくりこなくなってきたと思ったら、自分で整形せずに早めに購入したお店で調整した方がよいでしょう。自分で整形するとかえって歪みを大きくしたり、フレームや金具に無理な力を加えて破損の原因になったりもします。
また、職場や家庭でのパソコンやゲームの普及によって、目は熾烈な環境にあります。成人後も、こうした環境の変化などが原因で急速に視力が落ちることもあります。半年から1年に一度は視力検査を行い、レンズの度数が適切であるかをチェックし、快適な視生活を過ごすようにしましょう


アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」