バスタイムにエクササイズ

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
毎日のバスタイムで、ビューティUP!
 あなたはぬるめ派?それとも熱め派?入浴方は目的に合わせて

お湯の温度血行を促進し、新陳代謝を高めるバスタイムは、健康維持にはもちろん、美容にも大きな効果を発揮します。しかし、お湯の温度によって身体へ与える影響が若干違ってきます。

通常私たちが心地良いと感じるのはだいたい38〜42℃で、季節によって違いますが、40℃ぐらいを境にして"ぬるめ"か"熱め"かに分かれます。ぬるいお湯は血圧も心拍数も徐々に上がっていき、心身ともにリラックスさせてくれます。一方、42℃以上の熱いお湯は血圧も心拍数も急激に上がって緊張感が高まり、頭がシャッキリしてきます。ですから、寝る前にはぬるい湯、眠気を冷ましたいときは熱い湯が向いているというわけです。

浸かる時間も入浴ポイントのひとつです。身体への負担を考えると、熱めのお湯は10分以内にとどめておき、ぬるめのお湯には20分以上ゆっくりと浸かるのがベスト。また、湯船の中では身体に水圧がかかっているため、首まで浸かるスタイルでは心臓や肺が圧迫され、時間が経つにつれだんだんと息苦しくなってきます。ゆっくりと湯船に浸かるときは、みぞおちのあたりまで浸かる“半身浴”をするようにしましょう。なお“半身浴”は初めのうちは湯から出ている肩部分が寒いと感じるかもしれません。その場合は、乾いたタオルを肩にかけて。時間が経ってくれば、身体全体ポカポカと暖かくなってきます。
自分にあった入浴スタイルで上手にビューティアップをめざしましょう。

 
 食欲を抑えたいのなら、食事前に熱めのお風呂へ

「食欲を抑えてダイエットしたい!」という場合におすすめなのが、食事前の入浴。42℃以上の熱めのお湯での入浴は急激に血液が皮膚に集まって胃液の分泌を少なくさせるために胃の働きがにぶくなり、空腹を感じなくなるのです。そこで、夕食をつい食べ過ぎてしまう…という人は、食事の30分ぐらい前に42℃の熱いお湯に10分間ぐらい入ると、自然と食欲が抑えられるという効果が期待できます。ただし、入浴は体力を消耗することにも繋がるので、あまりにもお腹が空いているときには、牛乳を一杯飲むなど、何かかるくお腹に入れてから入浴するようにしましょう。

また、このように入浴は胃の働きを悪くさせるので、食後すぐにお風呂に入るのは避けて。なるべく一時間以上経ってからにしないと、消化不良を起こす原因になるので注意してください。

 
|1|
キーワードで探す
What's New
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点 FRESH!
カウンセリングの実際 FRESH!
ワンランク上のケンカ術!? FRESH!
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」