下腹エクササイズ

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
ポッコリお腹を、ヘコませよう!
有酸素運動と腹筋強化で、にっくき脂肪を撃退!

寒い季節も終わり、しばらく厚いコートともサヨナラ。でも、薄着になると気になってくるのがカラダのライン。運動不足がたたり"気がついたらお腹がポッコリでちゃっていた!"…なんていう人は、すぐに対策を!

大事な臓器が集まる下腹部は、外の温度変化や刺激を防ぐために、しっかりと皮下脂肪がついている部分です。しかも、この重い内臓を支えているのは腹筋。これが弱くなると、内臓が押さえられずにポッコリとお腹がでてしまうという訳です。ですから、ポッコリお腹をシェイプするには脂肪を燃焼させるのと、腹筋を鍛えることが必要。ウォーキングなどの有酸素運動や腹筋運動を行うほか、普段から姿勢を良くしたり、"鼻から息を吸ってお腹を膨らまし、口から息を吐いてお腹をへこませる"腹式呼吸をやってみるのもGOODです。

お腹は意外と脂肪が落ちやすいところでもあるので、運動したぶんだけきちんと結果がでるはず。さぁ、理想のぺったんこお腹を目指して、ぜひチャレンジしてみてください!

 
毎日続けられる腹筋運動で、お腹をシェイプ!
ポッコリお腹にダイレクトに効く腹筋運動。"腹筋運動は大変だから苦手"という人も多いと思いますが、毎日ムリなく続けられる程度の運動量でも腹筋を鍛えることはできます。自分のやりやすい方法をどれかひとつ、毎日10回ずつ行ってみてください。あまり意気込んでやるとプレッシャーになってしまい、かえって続かなくなるので、テレビを見ながらなど気軽にやるのがポイント。もちろん毎日やるのが理想ですが"仕事で疲れちゃって、今日はやりたくない!"という時などはムリにやることはありません。マイペースで、できるだけ長く続けられるよう工夫してみて。また、運動中背中やお尻が痛くなるという場合は、バスタオルやマットなどを敷いた上で行ってください。
 
通常の腹筋運動

<通常の腹筋運動>膝を立てて開く仰向けに寝た状態から腹筋を使って起き上がるという、一番ポピュラーな腹筋運動のポイントは、膝を立てて開くこと。また、手は頭の後で組まず、頭を支えるようにして。手の力で上半身を持ち上げてしまうと首を痛める原因になるので注意を。上半身を起こす時、なるべく背筋はまっすぐにしましょう。

一気に上半身を全部起こすのがキビシイ人は、肩を持ち上げるぐらいでも大丈夫。この時、腹筋に力を入れていることを意識しながらやってみてください。

 
寝る前などに気軽にできる腹筋運動

<寝る前などに気軽にできる腹筋運動>息を吐きながら3秒キープ通常の腹筋運動より少ない動きで、より気軽にできる運動です。寝る前に布団の上で行う習慣をつけるといいかもしれません。

まず仰向けに寝てひざを立て、息を吐きながらゆっくりとおへそをのぞきこむぐらいまで上半身を持ち上げたところで3秒ほどキープ。両手はお腹の上にのせて、腹筋がぷるぷると震えるのを感じてください。その後、ゆっくり上半身を戻します。

 
ちょっと高度な足上げ腹筋運動

<ちょっと高度な足上げ腹筋運動>足に力を入れず腹筋で上げる腹筋の力はわりと自信がある…という人は、ちょっと高度な運動を。きつめですがそのぶん効果も期待できます。

足を伸ばして座り、両手を体のわきにつきます。上半身をやや後方に傾けた状態で、両足を床から上にあげ、ひと呼吸してからおろします。足には力を入れないで、腹筋で足をあげるのがポイント。足はそれほど高く上げなくてもOKです。

 
お風呂の中でできる腹筋運動

<お風呂の中でできる腹筋運動>手と背中で体を支えるお風呂に入りながらできる腹筋運動です。毎日のバスタイムにぜひ挑戦を。

お湯につかった状態で体育座りをして、ひざを曲げたまま腹筋を使って足全体を胸の方向へ引き寄せます。この時、手は足を抱えずバスタブの縁などにおいて体を安定させましょう。背中をバスタブにつけた状態の方がやりやすいです。この運動は10回繰り返しを3セットして。

 
便秘も大敵。カンタンなマッサージで、カラダの中もスッキリさせて

<便秘も大敵。カンタンなマッサージで、カラダの中もスッキリさせて>腸内にガスを溜めない美容健康に大敵の便秘も、やはりポッコリお腹の原因に。腹筋を鍛えるとともに、カラダの中に溜まってしまった便やガスをきちんと出していきましょう。

お通じを良くするには食生活の見直しや運動などが大切ですが、食後に自律神経の働きを良くするツボが集まるおへそ周辺をマッサージして腸の運動を促進させるのもおすすめです。食後2〜4時間後、ちょうど食べたものが胃から腸へ移ってきた頃におへその周りを「の」の字を書くように丸くさすっていくだけでOK。また、腸内にガスが溜まっていると感じた場合は、ほおづえをついた状態でうつぶせになり、背中を反らしたままカカトで左右交互にポンポンとお尻をたたいて。腸に刺激が与えられ、ガスが出やすくなります。

キーワードで探す
What's New
時間管理がなぜか上手くできない…… FRESH!
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A FRESH!
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点 FRESH!
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」