モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A

健康Salad プロテオグリカン 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
心理カウンセリングの現場から Vol.85 モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A

こんにちは。心理カウンセラーの上則直子です。

以前、『片づけの心理学』と題してコラム(記事はこちら)を書かせていただきましたが、今回はその第二弾。お部屋の片づけにあたって、モノや道具とのつきあい方について考えてみたいと思います。

「モノを粗末に扱うんじゃありません!」
「使ったらちゃんともとの所へ戻しなさい!」
「まだ使えるのに、もったいない!」

モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A など、「モノを大切に扱う」ことは、多くの家庭でしつけの一つとして小さいころから教え諭されることです。確かにモノを大切にすることが身につくと、長く使えそうな良質のものを選ぶ審美眼も鍛えられますし、少数のモノを持つだけでこと足りるシンプルな生活になっていくでしょう。また、使ったものをあるべき場所に納めることで、整理整頓の習慣も自然と身についていきます。昔からの教訓とは、本当によくできたものです。

●モノに「心」を見出す 〜擬人化の知恵

そもそも、日本は古くからモノとのつきあい方を大切にしてきました。

特に、身の回りのモノや道具とうまくつきあうために、モノや道具にあたかも心や魂があるかのように擬人化してとらえるという知恵を活用してきました。
たとえば、トイレの神様がその一例です。トイレ掃除は多くの人にとって敬遠されがちな場所ですが、「トイレにも神様がいる」と考えることで「(神様のためにも)きれいにしなくちゃ」という気持ちになります。

モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A また「付喪神(つくもがみ)」は、長く使われたモノや道具には次第に魂が宿るとされ、古くは信仰の対象でした。身の回りのモノや道具に宿るこの神様は、粗末にされて扱いがよくないと怒って悪さをし、大切に使われて機嫌がいいと幸せをもたらすといわれています。その他にも、針供養や人形供養など、長く使い壊れて役割を果たしたモノに「ありがとう」「ご苦労さま」の気持ちを込めて神社に納める風習もあります。
このようにモノや道具を擬人化することで、モノや道具に対する愛着ははるかに深まりますし、モノに対する感謝の気持ちも育まれやすくなります。そして、モノや道具に命を感じて慈しみや感謝の気持ちが芽生えると、自然とモノを大切に扱い、収納する・片づける行動に向かうものです。

身の回りのモノに対してふだんからこういったつきあい方が実践できていれば、散らかることもなく片づける必要もなくなってきそうですが、それはもはや達人の域だといえるでしょう。
達人とまではいかなくとも、片づけの際にこの「擬人化」を応用してみることはできるかもしれません。


次ページ ●モノとの心地よいつきあい方を考える |1|



キーワードで探す

What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス