月経前症候群(PMS)は女性の健康のバロメーター

健康Salad プロテオグリカン 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
タイトル

<プロフィール>
1991年3月 大分医科大学(現 大分大学)医学部医学科 卒業
東京大学医学部付属病院 産婦人科学教室研修医、 愛育病院を経て、東京労災病院産婦人科医長、 東京厚生年金 病院産婦人科医長などを歴任

女性のトータルウェルネスを考えることをライフワークとし、婦人科医という立場から「女性の美しくありたいとの想い」に応えている。
現「霞ヶ関土居美佐クリニック(HP)」院長。

月経前症候群(PMS)は女性の健康のバロメーター

婦人科医・土居美佐先生による女性のための健康コラム。今回はつら〜い月経前症候群(PMS)についてお話しいただきます。一口に生理痛なんていうこともありますが、その症状は人によってあまりにもさまざま。“体質の差”とあきらめる前に、原因がないか確認してみましょう。

月経前症候群の症状はこんなにたくさん
image_01 生理の前になると体調が悪くなる女性が増えています。これを月経前症候群(PMS)といいます。

時期的には多くの場合、生理前1週間から10日間ほどですが、長い人だと生理前2週間ぐらい症状が続きます。 PMSの症状は大変多岐にわたっており、身体症状では、むくみ・だるさ・熱感・頭痛や頭重感・便秘・お腹やお乳のはりや痛み・食嗜の変化。
精神症状では、いらいら・気分の落ち込み・うつ症状・流涙・集中力や判断力の低下・不安。
肌症状では、敏感肌・にきび・しみの悪化などが代表的な症状です。
また、同じ時期に喘息やアトピーなどのアレルギー性疾患、うつ病といった持病が悪化することもあります。

コラムを読んでいただいている皆様のなかにも症状に心当たりのある方が多いのではないでしょうか? 症状の種類も多いのですが、程度も個人差がとても大きいのがPMSの特徴です。 一生のうちでPMSを一度も経験しない女性もいれば、毎月生理の前になると不快な症状に悩まされて、仕事上でミスをしたり、些細なことで友人や家族とけんかをしたり、学校や会社を休んでしまうなど、生活の質・人生の質が低下してしまうほど重症の女性もいます。
その違いはいったいどこにあるのでしょうか?

月経前症候群の原因はプロゲステロンへの感受性
そもそもこのPMSの原因は、排卵後に卵巣から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンなのです。 過去のコラムに書かせていただきましたが、女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。 それぞれ役割が違うのですが、簡単に言うと、エストロゲンは女らしさ・若さを保つホルモン、プロゲステロンは妊娠のホルモンといっても良いでしょう。

PMSの原因といわれるプロゲステロンは排卵をしなければ分泌されません。排卵の時期は生理の約2週間前なのでちょうど生理前2週間がプロゲステロンの最盛期にあたるのです。そのため、生理前になると不快な症状が出現するわけです。

このように説明するとプロゲステロンはずいぶん悪者のように思われがちですが、それは違います。妊娠を望む女性にとっては必要不可欠な大切なホルモンで、このホルモンの分泌が良好でなければ、妊娠できなかったり、妊娠できても流産や早産となってしまう可能性が高くなるのです。つまりプロゲステロンが分泌されること自体は正常なことなのです。

では、生理のある女性のプロゲステロンがきちんと分泌されている女性はみんなPMSに悩んでいるのでしょうか? 答えはNOです。
なぜ? PMSの原因はプロゲステロンなのに?

問題はプロゲステロンに対する感受性なのです。 プロゲステロンに対する感受性が高い女性にPMSの症状が強く現れるのです。

重度の月経前症候群には、健康上の要因が
image_02どんな女性がプロゲステロンへの感受性が高いのでしょうか?

『過度なストレスにさらされている女性』
『生活習慣の不安定な女性』
『体の冷えている女性』


は、プロゲステロンの感受性が高い代表格といえます。こう考えるとPMSも数ある現代病のひとつといえますね。

今回のコラムをまとめてみましょう。みなさんも心当たりをご確認ください。

・PMSの症状はありますか?
・症状はどの程度ですか?
・日常の生活に影響がでるほど重いですか?
・もしPMSが重症ならば、生活習慣や体質に心当たりはありませんか?


重症のPMSの背景には何かしら健康上の問題があることは知っておいてください。

次回はPMSの治療についてお話します。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
病気・症状 >> 女性の美肌のためのアドバイス
●バックナンバー●
あなたのデトックスは大丈夫?
子宮頚がん予防ワクチンの安全性・副作用
子宮頚がん予防ワクチンは20〜40代以降にも有効
子宮頸がんを予防できる時代に〜子宮頸がん予防ワクチン〜
おりものはすべて悪いのか?
STD 〜あなたは彼氏の元カノの元カレを知っていますか?〜
夏のお肌ケア
新生活を始める女性たちへ 〜生理不順に要注意!〜
たかが「冷え」、されど「冷え」
低用量ピルとがんの関係
婦人科での低用量ピル治療って安全なの?(基礎編)
月経前症候群(PMS)の治療法
月経前症候群(PMS)は女性の健康のバロメーター
原因不明のお肌トラブル、理由は女性ホルモン?
女性ホルモンの周期とお肌への影響
女性ホルモンをきちんと知ろう!
続・更年期が私たちに教えてくれること
更年期が私たちに教えてくれること
ライフスタイルの変化で増えつつある女性の病気 Part2
ライフスタイルの変化で増えつつある女性の病気 Part1
婦人科検診を受診していますか?
婦人科をもっと身近な存在に 

キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」