婦人科での低用量ピル治療って安全なの?(基礎編)

健康Salad プロテオグリカン 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
タイトル

<プロフィール>
1991年3月 大分医科大学(現 大分大学)医学部医学科 卒業
東京大学医学部付属病院 産婦人科学教室研修医、 愛育病院を経て、東京労災病院産婦人科医長、 東京厚生年金 病院産婦人科医長などを歴任

女性のトータルウェルネスを考えることをライフワークとし、婦人科医という立場から「女性の美しくありたいとの想い」に応えている。
現「霞ヶ関土居美佐クリニック(HP)」院長。

前回ご紹介したPMSだけでなく、低用量ピルはさまざまな病気の治療薬としても使われています。けれど、一般的な「ピル=避妊薬」のイメージから、低用量ピルの処方に戸惑いを感じたり、婦人科医からのピルや身体の悩みと関係のなさそうな質問に疑問を覚えたことはありませんか?
婦人科医・土居先生がこれらの疑問にお答えします。


広く婦人科で使われている低用量ピル
image一般的にピルという時、それは経口避妊薬を指すことが多いようです。
ピルは主に排卵をとめることで避妊効果が現れます。 ピルには2種類の女性ホルモン剤が含まれています。その2種類の女性ホルモン剤を毎日飲むことで、身体の中の女性ホルモンの状態がまるで妊娠している女性と同じかのような状態になります。つまり『偽妊娠状態』が作られるわけです。 ピルは「妊娠すると排卵がとまってしまう」という女性の身体の自然の摂理を利用したお薬なのです。

そのピルですが、昔は含有されるホルモン剤の用量が多かったために、血栓症などの副作用が確認されていたため、医療現場でも患者さんの治療には使いにくいという弱点がありました。そこで、「排卵をとめて避妊する」という本来の目的を損なわず、副作用だけを軽減しようと、含有するホルモン剤の用量が少ないものが開発されました。それが今回お話しする低用量ピルというわけです。 以前使われていたピルは、高用量ピル、中用量ピルという言い方で今でも医療現場で使われています。今は避妊目的ではなく、主に病気の治療に使われることが多いです。 現在では、ピルは避妊薬であるのと同時に、病気の治療薬でもあるのです。ご存知でしたか?

身体に気になることがあって婦人科で診察を受けた際、医師から低用量ピルを勧められたことはありませんか? 避妊目的で病院に行ったわけでもないのに。

低用量ピルを処方する女性の病気は、実は少なくありません。 子宮内膜症、月経困難症(ひどい月経痛)、月経前症候群(PMS)、月経不順、過多月経(月経の出血量が多い)などが低用量ピルによる治療が行われている代表的な疾患・症状です。 この他にもいろいろあります。

低用量ピルのリスクって…
ただし、婦人科医として、患者さんに知っておいて欲しいことがひとつあります。 婦人科医はいつも、避妊目的でも、病気の治療目的であっても、低用量ピルによる効果がリスクを上回ることを確認して、低用量ピルを処方しています。これは、ピルだけに限らず、すべての医薬品について言える事です。皆さんが普段何気なく処方されて、飲んでいる鎮痛剤や抗生物質、消化剤などお薬などにも副作用のリスクはあります。それを考えた上で、薬の効果がリスクを上回ると判断して、医師は処方しているのです。 ですから、低用量ピルも副作用についても、効果とリスクを正しく知れば、むやみに恐れる必要はないと私は思っています。

気になる低用量ピルの副作用ですが、今回は血栓症のお話をしましょう。
血栓症とは、血管の中で血液が固まって循環障害を起こす病気の総称です。動脈、静脈どちらの血管でも起こりえます。 代表的な病気としては心筋梗塞や脳梗塞、下肢の静脈血栓症、肺塞栓などです。時々ニュースなどでも耳にする『エコノミークラス症候群』もそのひとつです。血栓が発生した血管や部位によって生命に関わるぐらい重症なときもありますし、症状として自覚しないような軽症のこともあります。 これらの病名を聞くと、恐ろしい感じがしますが、低用量ピルを飲むだけで簡単に発症するわけではありません。血液がドロドロしている人や、先天的・遺伝的に血栓症のできやすい体質の人が低用量ピルを飲むと、血栓が発生するリスクが増えるのです。

具体的には、
・タバコを1日15本以上吸う人
・手術の前後などで寝たきりの生活を余儀なくされる人
・糖尿病・高血圧などの持病を持っている人
・過去の既往歴、家族歴から体質的に問題がある人

……など、リスクの高い人は問診でおおむね見つけることができます。

問診はたいへん重要です
image血栓症は発症するときはピルの内服期間の長短に関係なく発症します。
かつ、発症を予知する検査が一般的にはないという特別な事情もあり、リスクの洗い出しは内服を始める前にきちんと行わなければなりません。 血栓症以外の副作用でもそうですが、一見“ピルとは無関係”に思われるような医師と患者の問診が特に重要であり、そして問診でおおむね副作用は回避できるのです。

ですから、婦人科でピルを勧められたことがある方も、実際に内服している方も、婦人科医からのピルとは関係のなさそうな問診(質問)にも、できる限り正確に、正直に答えてくださいね。心当たりはありましたか?

乳がんや子宮頸がんと低用量ピルの関係、そのほかの副作用については次回のコラムでご紹介します。
今回は、数ある薬の中で低用量ピルだけが副作用のリスクが高いわけではないこと、それからリスクを回避するために問診や検査(次回お話します)が重要であることをご理解いただければと思います。


このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
病気・症状 >> 女性の美肌のためのアドバイス
●バックナンバー●
あなたのデトックスは大丈夫?
子宮頚がん予防ワクチンの安全性・副作用
子宮頚がん予防ワクチンは20〜40代以降にも有効
子宮頸がんを予防できる時代に〜子宮頸がん予防ワクチン〜
おりものはすべて悪いのか?
STD 〜あなたは彼氏の元カノの元カレを知っていますか?〜
夏のお肌ケア
新生活を始める女性たちへ 〜生理不順に要注意!〜
たかが「冷え」、されど「冷え」
低用量ピルとがんの関係
婦人科での低用量ピル治療って安全なの?(基礎編)
月経前症候群(PMS)の治療法
月経前症候群(PMS)は女性の健康のバロメーター
原因不明のお肌トラブル、理由は女性ホルモン?
女性ホルモンの周期とお肌への影響
女性ホルモンをきちんと知ろう!
続・更年期が私たちに教えてくれること
更年期が私たちに教えてくれること
ライフスタイルの変化で増えつつある女性の病気 Part2
ライフスタイルの変化で増えつつある女性の病気 Part1
婦人科検診を受診していますか?
婦人科をもっと身近な存在に 
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」