薬の副作用の原因

健康Salad プロテオグリカン 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
「どうすればいい?副作用」
 なぜ副作用が起るの?

「副作用がない薬はない」と、よく言われますが、これは残念ながら本当です。そもそも「副作用」とは、その薬が持つ作用のうち、本来目的としている作用以外のものをいいます。ですから、必ずしも「副作用」=「悪いもの」というわけではありません。

逆に、「副作用」と呼ばれる作用を利用して、治療に役立てる場合もあります。大切なのは、害になる作用をできるだけ出さないようにすることです。そのためには薬の性質をよく知る必要があります。

 副作用が起こる理由
  • もともと色々な作用(良いものばかりとは限らない)を持つ薬が多い。
  • 治療の役に立つ作用であっても、強く出すぎれば害になる。(薬の量が多すぎたり、使用法を誤った場合など)
  • 使用する人の体質により、薬の作用が強くなったり弱くなったりすることがある。
  • 飲み合わせによって、薬の作用が変化することがある。
  • 過敏症やアレルギー反応は、どんな薬でも(添加物も含む)起こる可能性がある。
薬の使用量や、使用回数などは、「病気や症状の改善に効果が出る量や回数で、なおかつ副作用は出にくい」ように研究されて決められています。ですから、薬にはたしかに副作用はつきものなのですが、正しい使用法を守っていれば、重大な副作用はめったに起こるものではありません。
 副作用を防ぐには?

どんな薬でも、良い面(効果)と悪い面(副作用)を持っています。ですから、使わなくて済むのであれば、もちろんそれに越したことはありません。ムダな薬の使用は避けるべきです。

では、「薬が必要なとき」というのは、どういう場合を言うのでしょうか?
病気の治療方法を検討するときに、専門家は、次のようなことを考えます。「その治療をすることで、患者さんにとって、どのくらいプラス面とマイナス面があるのか」「他の治療方法(もしくは、全く治療しない)を選んだときは、どうなるか」大切なのは、この2点です。
副作用を起こさないために、また最小限におさえるために、自分でできることをあげてみます。

正しい服用方法、注意点を守る
基本中の基本ですが、薬の服用方法は、意外にわからないこと、不安なことが多いものです。医師や薬剤師に遠慮なく質問しましょう。

薬の効果と予測される副作用について知り、服用中は体調の変化に注意
体調の変化には、いろいろな原因があります。薬によるものかもしれないし、病状が変化したのかもしれません。薬を飲み始めるときには、どんな症状が起こる可能性があるのか、医師や薬剤師に確認しておきましょう。命にかかわるような副作用の可能性があったとしても、初期の軽い症状のうちに発見できれば、危険性を回避できます。

 重大な副作用と初期症状

ここでは、特に注意が必要な副作用についてとりあげています。これらはめったに起こるものではありませんが、起きてしまった場合、放置しておくと生命にかかわる場合があります。軽い症状(初期症状といいます)のうちに発見し、対処することが大切です。

副作用名 初期症状 症状に気づいたら
ショック (過敏症) 皮膚のかゆみやじんましん、気分が悪い、息が苦しい、くちびるや手足がしびれる、顔が赤くなったり熱くなるなど(薬を服用して20〜30分以内に起こることが多い) 薬を中止して、急いで救急処置が可能な病院へ。
重い肝障害 発熱(38〜39℃)、食欲がない、吐き気がする、気分が悪い、全身がだるい、体がかゆい、ぶつぶつが出る、白眼や皮膚が黄色いなど 薬を中止して、できるだけ早く病院で診察を受けましょう。
急性腎不全 顔や手足がむくむ、尿の量が減る、尿の色が赤くなる、発熱、吐き気がする、関節が痛む、腹痛など
再生不良性貧血 発熱、のどが痛む、歯ぐきや鼻などから出血しやすい、手足に赤いあざや斑点ができる、全身がだるいなど
横紋筋融解症 手足に力が入らない、手足のしびれやこわばり、全身の筋肉が痛む、全身がだるい、尿の色が赤褐色になるなど
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群) 発熱、頭痛、関節の痛み、口の中や眼の粘膜などに水ぶくれができる、皮膚がまだらに赤くなるなど
中毒性表皮壊死症
(Lyell症候群)
発熱、皮膚がまだらに赤くなる、やけどのような皮膚の症状(痛み、水ぶくれ、熱く感じるなど)、口の中があれるなど
低血糖 気持ちが悪い、急に空腹感を強く感じる、頭が痛い、寒気がする、ふらついたり、力のぬけた感じがする、頭がぼーっとするなど すぐに砂糖やブドウ糖などを食べ、症状が良くならなければ、医師に連絡して指示を受けましょう。

他の医療機関で薬をもらうときや、違う病気で薬をもらうときなどは、今飲んでいる薬(市販の薬や健康食品も含みます)を全て報告しましょう。飲み合わせによって起こる副作用をさけるために、大切なことです。

 薬と食べ物の飲み合わせの影響

飲み合わせには、薬同士で起こるものと、薬と食べ物・飲み物との間で起こるものとがあります。どちらも、薬の吸収や代謝などに影響し、どちらかの薬の作用が強くなったり弱くなったり、あるいは両方の薬の作用が合わさって強く出たり、ということが起こります。飲み合わせについては、薬を使う前に必ず確認しておきましょう。とくに、何種類か薬を飲むときや、市販薬を常用しているとき、健康食品などを飲んでいるときなどは注意が必要です。

薬に影響することがある食べ物・飲み物の例をあげておきます。ただし、これらの具体的な影響については、個々の薬によって異なりますので、詳細は医師・薬剤師にご相談ください。

なお、食べ物・飲み物ではありませんが、タバコは、薬によっては作用に影響することが知られています。

<納豆>
影響が考えられる薬
(代表的なもの)
どんな影響がある?
抗血栓剤(ワルファリンカリウム) 納豆についている納豆菌は、腸内でビタミンKを産生します。このビタミンKが、薬の作用を弱めることがあります。ワルファリンカリウムの服用中は、納豆はできるだけ避けたほうがよいでしょう。

<牛乳>
影響が考えられる薬
(代表的なもの)
どんな影響がある?
抗生物質(セファレキシン、テトラサイクリンなど)、抗真菌剤(グリセオフルビン) 薬の吸収が良くなったり、悪くなったりすることがあります。大量に飲まなければ、問題ない場合もありますので、確認しましょう。

<コーヒー・紅茶などのタンニンを含む飲み物
影響が考えられる薬
(代表的なもの)
どんな影響がある?
鉄剤 お茶と鉄を同時に飲むと、鉄の吸収が悪くなります。でも、鉄剤の種類によっては影響を受けにくいものもあるので、確認しておきましょう。

<グレープフルーツジュース>
影響が考えられる薬
(代表的なもの)
どんな影響がある?
カルシウム拮抗剤(ニフェジピンなど)、抗アレルギー剤(テルフェナジン)、免疫抑制剤(シクロスポリン)、睡眠剤(トリアゾラム) そのしくみはまだ十分にわかっていません。また、グレープフルーツの果実そのものによる影響は、今のところ報告されていませんが、全く影響がないとは言い切れません。

<魚(イワシ、カジキ、マグロなど)>
影響が考えられる薬
(代表的なもの)
どんな影響がある?
抗菌剤(イソニアジド) このような魚は、ヒスタミンというアレルギー症状の原因物質を多く含んでいます。イソニアジドは、ヒスタミンの代謝を妨げるため、ヒスタミンが体に蓄積してアレルギーのような中毒症状(頭痛、悪寒、顔が赤くなるなど)が起こることがあります。

<お酒(薬の中にアルコールが含まれていることもあります)>
影響が考えられる薬
(代表的なもの)
どんな影響がある?
多くの薬に影響します。 薬の代謝に影響し、作用を増強したり弱めたりします。思わぬ副作用(例えば、急性アルコール中毒など)を招くこともあるため、注意が必要です。薬をお酒で飲むようなことは、絶対にやめましょう。

 使用した薬について記録をとっておく

特に、副作用を経験した薬については、薬品名や、できればどんな症状が起こったかを記録しておき、医療機関を受診するときや薬を買うときには必ず伝えましょう。

キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
健康Saladマガジン
健康Saladマガジン e-Book版
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」