顔色が悪い

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

顔色が悪い

顔はおしゃべり

顔からは、体と心についてのさまざまな情報を読みとることができます。適度に血の気があり、皮膚がなめらかで、できものやむくみがなく、表情は豊か、かつ、目や口のしわが左右対称であれば、まずは健康、心配ありません。逆に、これらの条件が備わっていないときは、心身の不調を知らせるシグナルだったりします。キャリアをつんだ医師は、顔から30以上のシグナルを読みとるそうです。なかでも最も体調とむすびついているのが、顔色かもしれません。青白かったり、赤すぎたり、黄色だったり、どす黒かったり、原因によって、顔はさまざまな色味をおびます。

青白いときは、まず貧血を疑ってみる

顔が青白く、動悸、息切れ、頭重、疲労感を伴うときは、まぶたをひっ繰り返してみましょう。まぶたの裏が赤みに乏しいときは、貧血が考えられます。原因として最も多いのは、血液中の鉄分が不足して起こる貧血です。軽いときには、食事療法だけで治ります。レバー、あさり、ひじき、大豆、ほうれん草などをしっかり食べるようにしましょう。近ごろダイエットのしすぎで、貧血になる人が増えています。貧血を甘くみてはいけません。重くなれば、鉄剤を投与しなければならなくなります。

似ているようで違う、貧血と低血圧

貧血とは、血液中の血色素(ヘモグロビン)が不足した状態をいいます。貧血とよく似た症状があらわれるものに、低血圧があります。しかし低血圧の症状は、心臓のポンプ作用が低下して、血液が体内の隅々まで行き渡らなくなっておこります。貧血は血液成分の変調で、低血圧は血流の変調です。症状は似ていても、両者の原因はまったく別のものです。したがって貧血が治っても、低血圧が治るとはかぎりません。

さまざまな病気が、顔を青白くする

貧血で月経の量が多い、あるいは期間が長いといった症状を伴うときは、子宮筋腫子宮内膜症の疑いがあります。婦人科で診てもらったほうがいいでしょう。また、嘔吐や下痢、食欲不振、体重の減少を伴うときは、胃や腸から出血していることも考えられます。貧血でなくても、顔が青白くむくんでいる、頭痛、食欲不振、疲れやすいといったときは、心臓、腎臓、肝臓などの病気かもしれません。内科で検査してもらいましょう。そのほか、痔による出血で貧血になり、顔が青白くなることもあります。

赤いときは、まず熱をみる

顔が赤みを帯びているときは、まず熱を計りましょう。熱があるだけなら、しばらく様子をみます。38〜39度まで上がったとき、嘔吐や下痢を伴うときは、内科で診てもらったほうがいいでしょう。お酒の飲み過ぎ、人前にでて緊張したときなどに赤くなるのは、一時的な現象です。しばらくすれば、もとどおりになります。

顔が赤くなるさまざまな病気

赤ら顔で肥満気味のうえに、のどが渇き、尿量がふえ、強い疲労感があるときは、糖尿病。頭痛、めまい、動悸、息切れ、肩こりなどを伴うときは、高血圧。赤黒く(チアノーゼ)、のぼせ、めまい、頭重を伴うときは、多血症という病気が考えられます。また、手足は細く、下腹部は肥満、顔は丸く膨らんで赤くなる病気に、クッシング病があります。これは副じん皮質ホルモンが過剰になるために起こる病気です。気になるようなら、内科で診てもらいましょう。

顔がどす黒くなる病気

日に焼けた直後は赤くなりますが、しばらくするとどす黒くなってきます。ひどいときには、皮膚ガンになることもありますが、たいていは心配いりません。顔だけでなく、手のひら、脇の下、関節なども黒ずみ、歯茎や舌、唇の裏に青黒いはん点が出ているようなら、アジソン病の疑いがあります。副じん皮質の機能が低下して起こる病気で、色素が沈着して顔がどす黒くなるのです。また顔や白目、全身が黄色っぽくなるときは、黄だんの症状があらわれていると考えられます。早めに病院で検査を受けたほうがいいでしょう。

気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」