目の疲れ

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

目が疲れる

疲れの症状とは

目の疲れ(医学的には眼精疲労という)には、眼球そのものの疲れと、視神経の疲れがあります。症状としては、目がかすむ、うるむ、ショボショボする、目の奥が痛むなど。まぶたの上から眼球を押すと痛みを伴い、眼球の周辺にも痛みを感じることがあります。さらに、頭が重かったり、首や肩がこったり、額から前頭部にかけて痛むこともあります。

目薬のさしすぎに注意

疲れたときに疲れ目用の目薬をさすとスッキリして疲れを和らげ、ドライアイの防止にもなります。ただし、あまり頻繁にさしすぎると副作用を引き起こす場合があります。一般的な疲れ目用の目薬には、筋肉収縮剤や血管収縮剤、ビタミン剤などが含まれています。収縮剤は充血を解消する働きをしますが、乱用すると目の粘膜が栄養障害をおこし、かえって充血をひどくさせます。寝る直前の点眼も薬がとどまったままになるのでさけましょう。

症状に応じた目薬選びを

疲れ目用の目薬だけではなく、アレルギー症状をおさえるもの、ドライアイ用、ものもらいに効くものなど、症状別に数多くの目薬があります。必ず自分の使用目的にあったものを使うこと。なんとなく目薬をさすというのは厳禁です。さらに薬の成分が変質しやすいものもあるので、使ったあとはすぐにフタをして冷暗所に保管しておきましょう。使用期限内であっても、液がにごり、変色していたら、使わないようにしましょう。変質した目薬を使うと最悪の場合、失明する危険性もあるのです。

目を温めるのも疲れをとるのに効果的

長時間目を使って疲れたとき、炎症をおさえるためにタオルなどをあてて目を冷やすと、疲れや痛みが和らぎます。しかし、筋肉や神経の緊張をほぐすという意味で、実は温めたほうが疲れをとる効果が高いのです。電子レンジで温めて使うアイマスクも市販されていますが、お湯を絞ったタオルをしばらく目にあてておくだけで、結構疲れがとれます。ハーブなどの香りの湯を使うと、よりリラックスできるでしょう。

照明や体の姿勢にも配慮を

暗い部屋での読書や目を使うような作業を続けると、目に負担がかかり疲れやすくなりますが、逆に照明の光が直接目にはいったり、反射したり、逆光気味のような環境でパソコンワークなどを続けるのも目には負担です。また、不自然な姿勢をとりながら物を見続けるのも、目にはよくありません。よく言われるように、新聞や雑誌などは30cm以上はなして読んだり、テレビは最低でも自分の身長と同じくらいはなれて見ることで、目の疲れや視力低下をある程度防ぐことができます。

体の疲労が原因かも

風邪気味のときや、睡眠不足のときなど、体が疲れているときは、とかく集中力や仕事の効率が下がりがちです。そのため、いつもより緊張したり集中して、ものを読んだり書いたり、仕事をすることになり、目に負担がかかります。目の疲れは肩こりなどの原因にもなるので、こんなときに無理は禁物です。体が疲れていると感じたら、いつもより早いタイミングで休憩し、目の負担を軽くするようにしましょう。

心の疲れ(=ストレス)でおきるときも

つまらない資料より好きな小説のほうが同じ時間ものを読んでいても疲れません。特に目は脳の一部といってもいいように快感か不快かで、疲れ方に大きな差があります。“心が疲れる”ことで睡眠や食欲、発熱、体のこりなど、いろいろな症状がでます。急に目が疲れた、酷使したわけでもないのに目の疲れを感じるときなども、心の疲れが原因かもしれません。好きなことに集中し、のんびりリラックスするなど、たまったストレスを発散するようにしましょう。

目にいい食事を考える

目の働きにもっとも関係のある栄養素は、ビタミンAです。視力低下を防ぎ、さまざまな目の障害に効くといわれています。とりわけ、体内にとり込まれてからビタミンAに変わるベータカロチンの補給が目の疲れに最適です。にんじんやかぼちゃなど、緑黄色野菜には豊富に含まれています。手軽に補給するには野菜ジュースがおすすめです。またビタミンB2も目の疲労回復に効果があります。

こんな病気でも目が疲れる

いつになく目の疲れがひどいとき、長期間続くときは、すぐに眼科を受診しましょう。視力低下や老眼遠視乱視、さらには角膜炎や慢性結膜炎、緑内障など、目の病気にかかっている可能性があります。視力検査、眼底検査、眼圧検査などを受ければ、すぐに発見できて対処できるはずです。ほかにも、低血圧、糖尿病更年期障害、脳の障害などが原因で疲れを感じることもあります。これらの病気は目の疲れだけが自覚されることもあり、眼科で問題がないと診断されても症状が気になるときは、内科や婦人科で検診してもらいましょう。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」