かすみ目

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

目がかすむ

目の使いすぎによるもの

目がかすむ原因としてまず考えられるのが、目の使いすぎによる眼精疲労です。目を使いすぎると目がショボショボしたり、かすんだり、うるんだりし、やがて視力の低下とともに頭が痛くなったりしてきます。眼精疲労そのものは病気ではありませんが、疲れをそのままにしておくことで、目のかすみなどの障害がおこりやすくなります。頻繁に目がかすむときは、単なる眼精疲労ではなく、かなり視力の低下が進んでいるのかもしれません。一度、眼科で視力検査などをしてみることをおすすめします。

角膜炎をおこしていませんか?

ゴロゴロとした異物感、やけにまぶしい、涙が出て止まらないなどの症状もあるなら、角膜炎の可能性があります。角膜炎は、黒目の表面にある角膜の部分に炎症が起こるもので、ひどくなると黒目の部分がにごり、目のかすみなどの視力障害もおこります。トラコーマや結膜炎の炎症が進んで、あるいは逆さまつげなど外からの刺激や外傷、光化学スモッグなどによっておこります。またビタミンB2が不足すると角膜炎にかかりやすくなります。

年令による目の病気

物がかすんで見える、少しずつ視野が狭くなるなどの症状がでたら、白内障か緑内障の可能性もあります。いずれもお年寄りの病気と思われがちですが、若い人でも発病することがあります。白内障の場合、糖尿病が原因でおきることもあります。どちらの病気もはじめは痛みなど自覚症状があまりないので、発見が遅れて深刻な視力障害を起こすことがあります。

糖尿病が原因で起こる白内障

白内障は水晶体がにごって透明でなくなる病気で、光がまぶしく感じ、周囲が明るいとかえって見にくいという症状の特徴があります。すりガラスを通して物を見たような感じになり、やがては霧の中にいるようになります。進行すると物の形がわかりにくくなり、やがて、明暗ぐらいしかわからなくなってしまいます。老人性のものが多いのですが、糖尿病が原因で起こることもあります。これは若いときから発病して、症状の進行も早いので注意が必要です。最近では水晶体摘出手術で、ある程度視力が回復するようになりました。また人工水晶体を埋め込み、矯正する方法も効果的です。

気が付きにくい慢性タイプの緑内障

眼球の内圧(眼圧)が高くなって視神経を圧迫し、視野が狭くなるなどのさまざまな目の障害があらわれるのが緑内障です。緑内障には慢性型と急性型があり、大半が5〜10年以上にわたってゆっくり進行する慢性型です。目の障害が急にあらわれる急性型とちがって、進行が遅いため、慢性型の緑内障は発見が遅れがちで、いったん狭くなった視野はもとには戻りません。早い時期であれば薬による治療も可能ですが、重症の場合は手術が必要です。目が疲れやすい、異物感やかすみがある、すりガラスを通したように見えるなどの自覚症状があらわれたら、すぐに眼科を受診しましょう。親兄弟が緑内障にかかったことがある人、健康診断で眼圧が高いと指摘された人などは発症の可能性が高いので、年に何回か眼科で検査することをおすすめします。

脳からの「赤信号」の場合も

目のかすみの大半は目の疲れが原因といえますが、目から脳への神経ルートのどこかに障害が起きていることも考えられます。私たちが目にしているものは、目に映った像を脳が判断して、はじめて「見える」といえいるのです。かすみが続くのは脳からのトラブルサインかもしれません。症状が続くときは、単なる疲れと思わずに、眼科医に相談をしましょう。目の病気は、手遅れになると最悪の場合、失明する可能性があります。早期発見、早期対処には、まずは検査を受けることです。

気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」