逆さまつげ 眼瞼けいれん

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

まばたきが多い

心の緊張のあらわれ

プレッシャーなどでまばたきが多くなっている人は、自覚できていない部分で、心が悲鳴をあげているのです。自分に自信が持てないことが多く、不安をあらわす言動が伴います。いつも緊張しているのが特徴で、リラックスできないでいます。これは心因性のものですので、精神状態が落ち着くことで、自然と治ります。落ち着きなくしゃべる、不安そうな言動、いつも爪や髪をさわるなど、ほかの要素も同時に見られる場合、その人は、かなりの緊張状態にあるといえます。自分で気が付くことはほとんどありませんので、もし家族などに症状が見られたら注意してあげる、また、いっしょに原因を探すことが大切です。

逆さまつげによるまばたき

まつげは目にホコリなどが入るのを防ぐ役割をしていますから、通常は外側へ向いて生えています。これが内側に向いて生えているのが、逆さまつげです。逆さまつげがひどい場合には、眼球に傷がついてしまいます。乳幼児の逆さまつげは、これによってまばたきが適度に増えるため、むしろ成長の一過程の状態ととらえられ、多くは成長するにしたがって、自然に治っていきます。しかし、ごく少数ですが成人になっても逆さまつげの人がいます。こういう場合、手術したほうがいい場合もあります。眼科のお医者さんに相談してみましょう。

中高年の場合には眼瞼けいれんの疑いも

中高年女性に多くみられ、40〜70歳の中高齢者で発症することが多いものに、眼瞼(がんけん)けいれんという病気があります。これは、目の周りにある眼輪筋という筋肉が、自分の意志に関係なくけいれんする病気です。まばたきが増えたり、まぶしさを感じたりすることから始まり、症状が重くなるとまぶたが開かなくなって、目が見えない状態にまで進んでしまうこともあります。はっきりとした原因はまだわかっていません。症状の進行はゆっくりしていますが、そのままにしておいて自然に治る病気ではありません。多くの場合は次第にけいれんの回数が増し、日常生活や仕事に大きな支障をきたすことになります。早めに治療を受けましょう。最近では、注射療法が効果を上げており、早期ならほぼ100%完治するといわれています。

気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」