拒食症

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

食べたものを吐く(拒食症)

心の問題で吐いてしまう

食べている最中、あるいは食べ終わったとたんに吐いてしまう、吐いてしまわないと平静な気持ちでいられない。こんな状態が継続しておきるのが、摂食障害です。いわゆる拒食症と過食症の状態です。拒食症と過食症は、心の問題からおこります。体の病気が原因で吐いてしまう場合は、症状が長く続くことはあまりなく、痛みを伴うので、明らかに摂食障害とは別の症状だとわかるはずです。

拒食症は命にかかわることも

カーペンターズの女性ボーカルが拒食症で亡くなったことが、記憶にある人も多いでしょう。ガリガリにやせた姿は、痛ましいというほかはありませんでした。どうして、こんなことになってしまうのでしょう。一般には拒食症といわれますが、ダイエット後のリバウンドのように、時に過食し、交互の症状を繰り返すのが特徴です。どちらも食欲に支障をきたすものですから、摂食障害といわれます。

限界を超えるとあと戻りできない

食欲をつかさどる中枢神経と、満腹感をつかさどる中枢神経のバランスがとれているのが正常な状態です。摂食障害になると、このバランスは完全に崩れてしまいます。そして、摂食障害が進むと、とにかく身体からすべての脂肪をそぎおとさなくてはならない、というような、過剰な思い込みにおちいります。身体の脂肪は、体感温度を保つ、外からのショックから臓器を守るなど、重要な役割をもっていますが、そうした最低必要な脂肪分まで、落とそうとします。この段階にいたると、生命維持に支障をきたすほどの状態ですので、一刻も早く専門医にかからなくてはなりません。

はじめはただのダイエットのつもりが

摂食障害の多くは、若い女性にみられます。それは、若い女性の多くが、ダイエットの経験者であることからも納得できます。健康体重といわれる数字どおりの体重でも、スリムで美しい体とは思えず、まだ太っていると考える女性が多いようです。だから、体重を落としたい、ダイエットする、食べない、ということになりますが、摂食障害の多くは、ここから次の段階、食べることへの罪悪感をもつようになるのです。目標体重まで減っても、それでは満足できません。体重を落とすということに、いわば命をかけている状態になり、体重はどんどん減っていきます。他人から見るととても美しいとはいえない状態にまでやせても、本人は満足できなくなるのです。

吐くようになったら要注意です

しかし、体の欲求として、何も食べないで生きていくことはできません。そのため、限界に達したとき衝動的に、たいていの場合は大量に食べ、そのあとすべてを吐いてしまうという行動に走ることになるのです。次第に、食べたあとは必ず吐くようになります。無性に何か食べたくなって、買ってきた菓子パンやお菓子などを一気に食べたり、夜中、急にお腹がすいて冷蔵庫の中のものを全部平らげ、そのあと口に指を突っ込んで食べたものを吐いてしまわないと気がすまない。こんな状態になったら、できるだけ早く手をうたないと、症状は加速していきます。

根本的に治さないと、完治は難しい

人の心は複雑でデリケートなもの。そして体の状態は、心の状態に大きな影響を受けます。どちらかが不調なとき、お互いに影響し合っています。誰かに太っていると言われたなど、単純な理由がきっかけになることもあります。摂食障害になる人の多くは心の問題をかかえています。やせたいという欲求は、いわば、この世から自分をなくしてしまいたいということでもあります。統計によると、その多くは母親との葛藤をかかえているといわれています。表面的なものではなく、根本から解決できるよう、周囲の人の理解も必要です。

とにかく早く治療すること

心の葛藤は、自分ではなかなか気がつかないものです。また、自分だけは大丈夫だと思いがちですから、なかなか自発的に心療内科やカウンセリングを受けようということにはなりません。あまりにもやせる、行動がおかしいということで、周囲の人が病院に連れて行くというケースがほとんどです。症状が進むほど、回復には時間がかかります。それは、それだけ心が重症ということです。できるだけ早く治療を始めること、そして焦らずじっくりと回復を待つことが大事です。美しくなりたいというのは、いわば、女性の本能のようなもので、そのために美容に気を遣ったり、ダイエットしたりするわけですが、健康あっての美だということを忘れてはいけません。

気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」