斜視・老眼

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

目がかすむ

目が離せない、目のかすみ

久しぶりに針仕事をしようとしたら、針の穴に糸がなかなか通らない。曇った日には、新聞の文字がぼやけて見える。40歳をすぎたころから、そろそろこんな現象がしのびよります。たいていは老眼または老視と呼ばれるもので、女性は50歳前後からはじまることが多いようです。老眼であれば、離れて見たり、老眼鏡をかければすみますが、なかには脳の病気による場合があります。目のかすみから動脈瘤を発見した、という例もあるようです。目のかすみには、目が離せません。

悲劇を回避するシグナルかも

動脈瘤は、血管がこぶのようにふくらんでしまうものです。こぶ状になった部分の場所とその大きさによっては、脳の神経が圧迫され、ものが二重に見えたり、かすんだりします。働き盛りの人を突然襲うくも膜下出血は、動脈瘤の破裂から起こることが最も多いのです。くも膜下出血のこわいところは、なんの前兆もないので、事前に気がつかないところといわれています。ところがくも膜下出血で倒れた人の半数は、実は、事前に頭痛や目のかすみを訴えているといいます。日常生活でよくありがちな、ちょっとした目のかすみ。もしかするとそれは、体が必死にシグナルを送っていることも考えられます。

中年になってからも起こる斜視

斜視が進むと、ものがダブって見え、目がかすんだ状態になります。斜視は寄り目とも呼ばれ、片方の目が斜めを向いている症状をいいます。たいていは生まれつきですが、中年以後に起こることも珍しくありません。普段は斜視でなくても、疲れたときや眠くなったときに起こる人もいます。若いときは自然に両目の視線を合わせていたものが、40歳をすぎたころから、その機能が弱まりはじめるからです。さらに斜視が進むと、極端に視力が落ちる恐れもあります。はじめのうちは本人が気づかないことが多いだけに、厄介です。

近くのものが、はっきり見えない

ものを映す眼球、映した画像を受信する大脳、眼球と大脳をつなぐ視神経。ものが見えるのは、この3つの働きによります。年をとると、眼球の中のレンズ部分(水晶体)が受け持っているピント合わせをする働きが衰えてしまうので、ものがかすんで見えるようになるのです。ピントを合わせることができる、最も目に近い距離は、年とともに遠くなっていきます。近くのものを見るとき、眼球は厚くなります。つまり老眼は、水晶体を厚くしようとする働きがおとろえている状態なのです。

老眼になる基準って?

「何センチ以内のものがかすんだら、老眼」というような基準はありません。それまで30センチ離して本を読んでいた人なら、50センチ離さなければ読めなくなったときが、老眼です。10歳代であっても、同じです。はっきり見える距離が、それまでより遠くなったときが、老眼なのです。よく「近視の人は、老眼になりにくい」といいますが、これは根拠がありません。近視の人が老眼になっても、メガネをはずしさえすれば、それまでと同じ距離でものが見えるからではないでしょうか。

老眼鏡をかけると、老眼が進む!?

老眼は、病気ではありません。したがって、治療薬もありません。そこでしかたなく、老眼鏡をかけることになります。メガネをかけなければ、ものが見づらいだけではありません。目に負担がかかり、頭痛を引き起こすこともあるからです。一方で「メガネをかけると、ますます老眼が進んだ」という声も多く聞かれます。老眼鏡と老眼の進行との関係は、現在のところまだはっきりしていません。しかし、かけずにすむなら、かけずにいたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

トレーニングで老眼の進行を遅らせる

ある眼科医は、老眼の進行を遅らせるトレーニングを提案しています。この眼科医が学会で報告したところによれば、トレーニングをした人と、しなかった人とは、見える距離が、2ヶ月で12センチの差がついたそうです。もちろん、スタートしたときの状態は、両者ほぼ同じでした。またトレーニングした26人中、19人の老眼症状が改善しています。

Let's トレーニング

最初に目の前15センチの指先を見ます。次にできるだけ遠くのものを見ます。そのとき、目と指先と遠くのものが一直線に並ぶようにします。この2つを、約1秒間隔で、40回繰り返します。以上を1セットとし、1日4セット以上おこないます。

気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。

このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」