アルコール 二日酔い

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
アルコールは百薬の長!?
アルコールのメリットデメリット
適量ならストレス解消や血行促進にいい

適量ならストレス解消や血行促進にいい昔からよく「アルコールは百薬の長」といわれています。これは、アルコールを摂取することによって血行が促進され、神経の緊張をほぐしたり、ストレスの解消に役立ったりするからです。そのため、ストレスの多い現代社会においては、適度な飲酒は精神衛生上もメリットが多いといえます。

また、アルコールは食欲増進の源にもなります。そのため、適度な量をたしなむのなら、百薬の長というのも間違いではありません。

 
飲酒量が多いと、肝臓病をはじめする生活習慣病などに

ただし注意しなければならないのは飲酒量です。飲み過ぎの二日酔いはもちろん辛いものですが、二日酔いにならなくても毎日の飲酒量が多いと、肝臓病などの生活習慣病の原因になってしまいます。

代表的なものとしては肝臓に脂肪が蓄積される肝脂肪などの肝臓疾患、消化器や心血管系の障害、そして多量の飲酒では脳卒中などの脳疾患などがあげられます。

また、アルコールはカロリーが高いため、飲みすぎると肥満や中性脂肪の上昇、そして痛風や糖尿病を招く恐れがあります。

 
妊娠中の飲酒について

前述した生活習慣病は、アルコールの摂りすぎによって引き起こされますが、少量のアルコールでも妊娠中や授乳中の女性にとっては、胎児や新生児への影響が考えられます。

妊娠中の場合は少量のアルコールでも胎児の発達を妨げ、早産や低体重児出産の危険があります。また授乳中の場合は、お母さんが飲んだアルコールがお乳からも排出されるので、結果的に新生児にアルコールを飲ませることになってしまいます。

ですから、妊娠中や授乳中の場合は、たとえ少量であってもアルコールは控えるのが賢明です。

次ページ アルコールの上手な飲み方 |1|
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」