性感染症

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児
忍び寄る性感染症(STD)〜ヒトゴトと思うあなたに〜

監修:簡野晃次医師

性感染症(STD)の種類と身の守り方
性感染症の種類
具体的にどのような病気を性感染症と呼ぶかというと、性器クラミジア、性器ヘルペス、尖圭(せんけい)コンジローム、淋菌感染症、毛じらみ・疥癬(かいせん)、HIV感染症(エイズ)などで、B型肝炎やC型肝炎も含まれます。
 

<性器クラミジア>
性感染症のなかでも特に多いのが、性器クラミジア感染症で、日本での患者数は100万人近いといわれています。女性の場合、この病気にかかっても症状が出ないか、出ても大変症状が軽く、少量のおりものや不正出血、下腹部痛がある程度です。

しかし、感染に気がつかないまま放置しておくと、パートナーに感染したり、卵管や骨盤内に感染して不妊症や子宮外妊娠、流産や早産の原因となることがあります。たとえ、無事に出産できても、産褥熱が出たり、母子感染を起こして生まれてきた赤ちゃんが眼瞼結膜炎や中耳炎になったり、重い新生児肺炎になったりすることもあるのです。

一方、男性が性器クラミジア感染症になると、ほとんど症状が出ないか、尿道に軽い炎症が起きて排尿時に痛んだり、分泌物が出たりする程度です。けれどもやはり、症状が軽いからといって放っておくと、副睾丸炎や、慢性の前立腺炎などになってしまいます。

 

<性器ヘルペス>
性器クラミジアの次に多い性器ヘルペスは、性器に水ぶくれや潰瘍ができる病気で、急性型の場合、高熱と激しい痛みが伴います。

 

尖圭(せんけい)コンジローム
ヒトパピローマウイルスによる感染が原因で、性器や肛門周辺にポツポツした白かピンクの小さなイボができます。かゆみなどの症状はありませんが、悪性になると女性の場合、子宮頸(けい)がん、男性の場合は陰茎がんの原因になるといわれています。

 

淋菌感染症
女性がこの病気にかかると、膿のようなおりものが出ますが、人によっては、ほとんど症状が現われないこともあります。しかし、放置しておくと不妊症の原因になります。男性の場合は、尿道から濃い膿が出て排尿時に激しい痛みが出ます。また、オーラルセックスが一般的になってきたため、咽頭に感染するケースが増えてきています。

 

毛じらみ・疥癬(かいせん)
毛じらみは吸血虫の一種で、陰毛など体毛にくっついて血を吸ったり、卵を産みつけたりします。激しいかゆみが出るのが特徴です。疥癬は、ヒゼンダニというダニが原因で、性器だけでなく、全身に激しいかゆみが出ます。

 

HIV感染症(エイズ)
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)による感染が原因で、感染してから発病するまで潜伏期間が約10年間もあります。発病すると、カポジ肉腫という腫瘍や、カリニ肺炎などを併発して、次第に全身が衰弱していきます。以前はエイズで亡くなる人が多かったのですが、エイズ治療薬の開発によって、死亡する人は減ってきました。欧米では、エイズの感染者数が減少してきているのに、日本では予防意識の遅れなどから年々増加し続けています。

 
性感染症から身を守るには?

◇セックスの際は必ずコンドームをつける
性感染症は自覚症状がほとんどないものが多く、病気の発見や治療開始が遅れがちです。それだけに、予防が何よりも大切です。そのため、セックスするときはきちんとコンドームをつけましょう。挿入する前から少しずつ精液が漏れている場合がよくあるので、セックスの最初の段階からコンドームをつけることが大事です。オーラルセックスから感染することも多いので、その場合もコンドームをつけましょう。殺精子剤や、ペッサリー、ピルやIUDは避妊効果はあっても、性感染症を予防することはできません。

性感染症から身を守るには?◇恥ずかしがらずに検査を
おりものが出たり、性器にかゆみがあったりしても、恥ずかしくてなかなか病院へ行かない人が多いようです。けれども、もし性感染症だったとき、放置しておくと、セックスのパートナーを感染させてしまったり、不妊症や子宮がんになったり、母子感染して胎児に悪影響を与えたりするリスクがあります。

性感染症の検査は簡単にできて、痛みもほとんどありません。また、通常、検査や治療に健康保険が適用されますし、患者のプライバシーへの配慮もされています。ですから、おかしいと思ったら早めに病院へいくことが重要です。症状がなくても、性生活がある場合は、最低1年に1回は検査しましょう。

◇パートナーと一緒に治療
検査の結果、万が一性感染症だとわかったら、塗り薬や飲み薬などの薬物療法などを行います。自分だけ治療しても、パートナーも感染している場合は治らないので、感染がわかったら、すぐにパートナーも検査・治療する必要があります。

また、性感染症は再発しやすいので、途中で薬を飲むのをやめたりしないで、完治するまで根気よく治療を続けることが大切です。


特集トップへ ||2|
このページはお役に立ちましたか? はいいいえ ソーシャルブックマークに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク
病気・症状 >> 病気に関する特集
●バックナンバー●
新型インフルエンザ(A/H1N1) 予防のポイント
正しく乾燥肌対策
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
子供の生活習慣病
歯周病 〜歯周病はこうして進行する。詳細図解〜
百日咳 〜大人から子どもへの感染にご注意〜
ED(勃起不全)
アトピー性皮膚炎
エコノミークラス症候群
脳梗塞
C型肝炎
胃のポリープ、腸のポリープ
ストレス社会の現代病“不安障害”
小児てんかんの基礎知識と対処法
「低血圧」って病気?
ぐるぐるぐる、メニエール病って知ってます?
心臓のしくみと心臓病
中高年男性は要注意!!前立腺肥大
原因不明の難病 〜潰瘍性大腸炎 クローン病
人間の活動をコントロール 脳の不思議
これだけは知っておきたい、がんに関する基礎知識
夏は水虫の季節
知っておきたい!「リウマチ」の基礎知識
子供だけじゃない・・・「大人の喘息」
女性の病気「子宮筋腫」の治療法
「痔」 ちょっと恥ずかしいオシリの悩み
お酒との上手な付き合い方 −アルコール中毒にならないために
知っておきたい沈黙の臓器 〜肝臓 〜
顎が鳴る、顎が痛い、口が開かない …顎関節症
病気じゃないけど元気が出ない。 そんなときは・・・心療内科
痛風〜高尿酸血症〜 美食・過食のツケは“足の親指”に…
放っておくと血管ボロボロ!? 高血圧の怖さ
電車の中などで突然胸がドキドキ 〜パニック障害〜
忍び寄る性感染症(STD) 〜ヒトゴトと思うあなたに〜
高脂血症 〜ドロドロ血液は心臓病や脳卒中を招く〜
これって乳ガン?
瞳を大切に。 〜眼の病気・疲れ目〜
「五月病」や「軽症うつ」をのりきろう!
”骨粗しょう症”に気をつけよう!
オーラルケア、してますか? 〜虫歯と歯周病〜
春の知らせと共に訪れる ”花粉症”の憂鬱。
飽食の時代の国民病”糖尿病”
この季節が来た! ”風邪・インフルエンザ”撃退法
”肥満症”にならないための基本、再確認
ストレスが多い人は胃炎・胃潰瘍になりやすい?
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」