更年期障害

健康Salad 医療機関のみなさまへ
女性の健康 病気・症状 食生活・栄養 リラクゼーション 子供の健康・育児

更年期障害 〜治療と対策〜

 もっとも効果が期待できるのはホルモン補充療法(HRT)です。
更年期障害最近、よく話題になるのがホルモン補充療法(HRT)。名前のとおり、減少している女性ホルモンを直接カラダに投与します。

具体的には、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の飲み薬を飲むか、エストロゲンの貼り薬とプロゲステロンの飲み薬を併用します。ただしケースバイケースで、注射をしたり、膣錠タイプの薬を使ったり、漢方薬と併用したりすることもあります。

更年期症状に関係するのはエストロゲンですから、以前はエストロゲンだけを補充していましたが、そうすると子宮ガンのリスクを高めることになるため、今は、プロゲステロンも一緒に投与します。また、男女混合ホルモンや男性ホルモンを使う方法もありますが、現在はあまり用いられていないようです。

 HRTはデメリット、リスクを知ってから受けるようにしましょう。
HRTはホルモンの減少という根本的な原因に直接アプローチしますから、大きな効果が期待できますが、受けられない人、注意が必要なケースもあります。デメリット、リスクをきちんと知ったうえで、選択するようにしてください。

<ホルモン補充療法(HRT)のメリット>
  1. ほとんどすべての更年期障害に大きな効果が期待できる。
  2. 骨粗しょう症や高脂血症、動脈硬化を予防する。
  3. 肌のハリやツヤを与え、若々しさを保つ。
  4. トイレが近い、尿失禁、性器がかゆい、性交痛などのトラブルが減る。
<ホルモン補充療法(HRT)のデメリット>
  1. 子宮や乳房、肝臓などの病気を悪化させることがある。
  2. 乳ガンのリスクをたかめる可能性が否定されていない。
  3. 人によって副作用がある。
<ホルモン補充療法を受けられないケース>
  1. 乳ガンまたは子宮ガンにかかっている、あるいは5年以内にかかったことがある。
  2. 肝機能障害がある。
  3. 人によって副作用がある。
<ホルモン補充療法を受ける前に注意が必要なケース>
  1. 子宮筋腫、子宮内膜症など子宮の病気にかかっている(かかったことがある)。
  2. 乳腺症など乳房の病気にかかっている(かかったことがある)。
  3. 高血圧や血栓症の病歴がある。
  4. 心臓病、糖尿病、腎臓病などの持病がある。
 症状によって、漢方薬治療やカウンセリングなども選べます。
更年期障害には、HRT以外にもさまざまな治療法があります。

<症状をやわらげるための薬物療法>
症状にあわせて自律神経調整薬、精神安定薬、抗うつ薬などの各種の薬を飲む方法です。

<漢方薬>
複数の漢方薬について、更年期障害の治療効果が認められています。ひとりひとりにあわせて薬を選ばなければならないので、漢方専門の医師にかかりましょう。

<カウンセリング>
ストレスなど心理的な要因が強いときは、ココロへのアプローチが必要です。一度、心療内科で診てもらうとよいでしょう。

<鍼灸治療>
はりやお灸によって、症状がやわらげる方法です。ただし治療院では内科的な検査はできないので、きちんと病院で検査を受けることが必要です。

 30代で“プレ更年期”になる人が増えています。
30代で更年期症状を訴える人が増えています。更年期症状があらわれるのは45才ごろからですが、エストロゲンは30才あたりをピークに減り始めますから、早い人は30代で更年期の症状が出始めるのです。これを“プレ更年期”と呼びます。

プレ更年期の人が増えているのは、以前は30代の女性というと、妊娠・出産する人が多く、出産や子育てで忙しく症状に気づきにくかったこと、また妊娠・授乳のために1〜2年間は月経がなかったことなどが原因ではないかといわれています。

<プレ更年期障害の主な症状>
  1. 月経前の症状(おなかが重い、便秘、肌あれなど)が重くなった。
  2. 腰や手足が冷えやすくなった。
  3. 寝つきが悪い、よく眠れなくなった。
  4. イライラしたり、ささいなことで怒ることが増えた。
  5. 動悸、息切れがする。
  6. ときどき腹痛や吐き気、めまいにおそわれる。
  7. わけもなくゆううつになったり、悲しくなることが増えた。
 20代からライフスタイルに注意し、30代に入ったら婦人科検診を
「まだ若いから」と思ってムリばかりしていると、更年期にそのしわ寄せがやってきます。とくに気をつけたいのが食事と休養です。栄養のかたよった食事をしている、過度のダイエットを繰り返す、睡眠をきちんととっていないというような人は、更年期に入ってから、体調を崩しやすいようです。

欧米では、骨粗しょう症や動脈硬化を予防するために、リスクがある人は30代でHRTを始めることがあります。日本では、予防のためのHRTには保険がききませんから、そこまでするのは難しいのですが、20代から健康なライフスタイルを心がけ、 30代に入ったら婦人科のかかりつけ医をもち、年に1度は定期検診を受けたいものです。

|2|
キーワードで探す
What's New
「褒めるのが苦手で……」〜 褒めるのが苦手な人の心理 〜 FRESH!
「マイブーム」を通して本当の自分に気づく FRESH!
食の好みは考え方で変わるのか FRESH!
第6回アマニセミナー『生活習慣病と高血圧について』
期待の新・軟骨成分 プロテオグリカン
メイクやファッションが心に与える影響
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第4回「カウンセリング技術が人生を変える」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第3回「授業を覗いてみました!」
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第2回「どんな授業を行っている?」
ラクトフェリン 栄養成分「ラクトフェリン」の特徴や用法について解説。
日本カウンセラー学院とはこんなところ 第1回「どんな人が勉強している?」
時間管理がなぜか上手くできない……
モノの声に耳を傾ける 〜片づけの心理学A
シングルマザーの方に 気をつけてほしい陥りやすい子育ての注意点
カウンセリングの実際
ワンランク上のケンカ術!?
気分をアゲる!カラーの取り入れ方〜オーラソーマ カラーセラピーのヒント〜
苦手な人を好きになるコツ
隣の芝生が青く見えたら…
きょうだい構成でわかる性格の違い
心療内科、カウンセリング… どんな場合にカウンセリングがいいのか?
初対面の人と仲良くなるには
大人になってからでも変われるの?
なかなか解決しない問題がつきまとう・・。ストレス解消って何?
人のココロを読むメンタリズム
ラクトフェリン活用ファミリー急増中
メールマガジン
健康を楽しく! 
オリジナル健康エッセイ
健康Saladメルマガで連載中!
⇒似顔絵入り過去のコラム
アイフラッグ・グループ提供サービス
医院検索・病院検索 | リフォーム | 税理士 | 製造 | ガーデニング | ネットショップ・ホームページ開設 クラウドパッケージ | ネットショップ構築・運営 | ヤフーカテゴリ登録・SEO・SEMサービス | 歯科業界特化型ホームページ作成サービス | 医療業界特化型ホームページ作成サービス マイクリニック | 4ステップでホームページ・ネットショップを構築 「サイトディレクター」